愛知

2012年9月14日 (金)

醸し人九平次 純米大吟醸 彼の地 2009

20120914_kamoshibito_01

  • 醸造元       株式会社萬乗醸造[愛知県名古屋市緑区大高町西門田41]
  • 種類        純米大吟醸
  • 原料米       山田錦
  • 精米歩合     40%
  • アルコール度数 16度
  • 杜氏        佐藤彰洋氏
  • 醸造年度     平成21年度

 山同敦子さんの「愛と情熱の日本酒」という本で気になっていた蔵元のお酒です。また、姉夫婦からも「一度、飲んでみたら」と勧められていたお酒でもあります。

 上立ち香はグレープの香りが強く香ってきます。 本当に3年間寝かせたお酒かと思えるほどフレッシュ感があります。

 口に含むと、香りの主体であったグレープ系の甘みが広がりますが、芯はお米の豊かな味が支えています。

 裏ラベルには、「・・・冷やしすぎると味・香りは縮小します。常温か少し冷やす程度で評価して下さい。」と書いてありましたが、温度が少しでも上がると甘みが強くなるので個人的には、雪冷えで飲むのがもっともしっくりときました。 

 山同さんの本にも書かれていたように、確かに、西洋の料理にしっくりとなじめそうな味でした。