« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

小笹屋竹鶴 宿根産雄町 純米原酒 

20140330_taketuru_01

  • 醸造元      竹鶴酒造株式会社[広島県竹原市本町3-10-29]
  • 種類        純米原酒
  • 原料米      竹原産宿根産雄町100% (奥元忍氏)
  • 精米歩合      65%
  • 酵母        協会701号
  • アルコール度数  19度
  • 日本酒度     +4
  • 酸度        2.5
  • 杜氏        石川達也氏
  • 醸造年度     2012年(平成24年)

 最近、竹鶴人気もあり、なかなか長期間寝かせたお酒が品薄ということで、竹鶴にしてはまだ若いお酒を買いました。

 最初は冷やでいただきましたが、口に含んだ瞬間、 嬉しい不意打ちというか想像していた以上に美味しく感じました。

 いつも飲む竹鶴と比べると非常にマイルドです。 甘みと酸味がほどよくバランスしていて本当に優しく感じました。 燗にしても好いのですが少し飲んでいると、再び冷やに戻っていました。

 仕事で疲れたときに、少しこのお酒を飲めば元気になれる。そんなお酒です。

 ところで、このお酒の原料米を作っておられた奥元さんがリタイヤされたそうで、宿根産の雄町を使ったこのお酒は、この24BYをもって当分は造られないそうで残念です。

 

2014年3月15日 (土)

美冨久酒造

 美冨久酒造さんは、東海道五十三次50番目の宿場町 水口 にあり、蔵も旧東海道に面しています。

周りは一面の田園地帯です。

20140315_mifuku_01

 旧東海道をまたいで蔵はあります。

20140315_mifuku_02

 東に鈴鹿山系が控え、その伏流水を利用した酒造りをされています。

 蔵は、最盛期に3000石の造石があったというだけあって、非常に大きなものでした。

20140315_mifuku_03

 蔵の一本、一本の梁が物語るように歴史と格式を感じさせてくれます。

20140315_mifuku_04

 美冨久酒造さんは、山廃仕込にこだわりをもっておられますが、この重厚な建物に酒造りを支える乳酸菌が棲み着いているのでしょうか。

 この日は、既に甑倒しを終えられていて、今期の役割を終えた、釜と放冷器が静かに鎮座していました。
20140315_mifuku_05
 麹室ですが、なんと、外観は煉瓦積みです。

20140315_mifuku_06

 中も綺麗に清掃されて次の造りを待っているかのようでした。

20140315_mifuku_07

 酒母タンクは、大きな部屋に大切に祭られているようでした。

20140315_mifuku_08

 仕込みタンクが置かれた部屋では、なんとも言えない香りが満たされていました。

20140315_mifuku_09

 初めて美冨久酒造さんのお酒を飲んだのが、信楽の「ほろ酔いうつわと地酒展」で販売されていた大吟極醸だったこともあり、軽快な酒質のお酒を造られるのかと思っていて、そのことを試飲、販売コーナーでお話させていただくと、蔵としては山廃仕込による濃淳なお酒が多いけれども、若い人がとっつき安いように、大吟極醸のようなお酒も大切にしているとのことでした。

20140315_mifuku_10

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »