« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

純米吟醸 紀伊國屋文左衛門

20130623_kinokuniya

  • 醸造元       中野BC株式会社[和歌山県海南市藤白758-45
  • 種類         純米吟醸
  • 原料米       山田錦 23%    雄町 77%
  • 精米歩合      麹米 55%   掛米 60%
  • 酵母         9号系酵母
  • アルコール度数  16度
  • 杜氏         河嶋雅基氏

 

 中学時代の恩師のお嬢さんが中野BCさんに勤めていることもあり、「日本酒が好きならば・・・」ということで、贈っていただいたお酒です。

 まずは上立ち香。 9号系酵母とは思えないくらい穏やかな心地よい香りです。

 口に含むと、香りとは異なる甘みが花開いていきます。

 ここで気づいたのですが、底流に流れている味のタイプが以前、飲んだことのある徳島の三芳菊や鳴門鯛と同質に思いました。紀伊水道を挟んで向かい合う和歌山と徳島。 どこか似たところがあるのかもしれません。

 贈って下さった恩師に感謝しながらいただきました。

2013年6月22日 (土)

日本酒を楽しむ会 with 斉藤酒造さん

20130622_saitosyuzo
京都、三条猪熊町にある原田商店さん主催で、斉藤酒造の取締役、藤本さんを招いての「日本酒を楽しむ会」。

20130622_saitosyuzo_02_2 京都堀川商店街にある「むかしとった杵づか」さんで、今が旬の鱧をメインにしたお料理とともに楽しみました。

 原田商店さんでは、酒有夢(さけありてまどろむ)というお酒を看板商品にされており、そのお酒を醸されているのが、斉藤酒造さんです。

 また、今日は、その酒有夢の名付け親でもある、大崎商店さんの大崎さんもお見えになっておられました。


 本日の、お酒のメニューです。

20130622_saitosyuzo_03
20130622_saitosyuzo_04 最初の乾杯酒でもある、「酒有夢 スパーリングタイプ」は、この会のために特別に用意していただいたものです。

 瓶の中で、まだ酵母が活性しており、少しずつ、栓を開いては閉め、開いては閉めながらガスを抜くという作業を、藤本さん自ら行って振る舞って下さいました。

 斉藤酒造さんでは、全国新酒鑑評会で14年連続金賞受賞され、平成23年は残念がら入賞にとどまったものの、平成24年は再び、金賞受賞されています。
 

 そして、本日は、その金賞受賞したのと同じお酒を持ってきて下さいました。

20130622_saitosyuzo_05

 このお酒は、受賞酒と同じ斗瓶取りされたものだそうで、とても貴重なお酒とのことでした。 王冠には、この斗瓶から取り出された順番のマーキングがされていました。

20130622_saitosyuzo_06

 この会で意外で面白かったのは、斉藤酒造さんが金賞を逃された平成23年のお酒の評判が良かったことです。 利き酒で美味しいお酒と、料理を楽しみながら飲むお酒の違いでしょうか。

 藤本さんにも沢山お話を伺うこともでき、色々と勉強になった会でした。


« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »