« まさに梅海 いなべ梅林を訪ねて | トップページ

2019年4月 5日 (金)

背割れ堤と伏見の桜

 今年は、桜の開花が普通な時期にやってきました。
 何かと忙しかった年度末の疲れを癒やすべく、Takaは3月休日出勤の代休をいただき、恒例になりつつある背割れに繰り出すことに。

 平日にも関わらず、最寄り駅である京阪八幡市駅に着くと、そこは既に人・人・人・・・ ちょっと涙目
 とにかく、花見弁当と桜餅一式を購入して、いざ、背割れ堤へ。


20190405_seware_01

あれっ、これまでは、堤防に入ると、空も殆ど見えない桜の回廊が続いていたのですが・・・

なんか、さっぱりとしています。 よく見ると、枝の折れたあとも。
そういえば確か、2018年の台風21号(関空で橋が壊れた時の・・・)の影響があったと言っていましたっけ。

中には、痛々しい木々も。

20190405_seware_02

 まずは何はともあれ酒宴タイムに。
 今日は出だしが遅かったこともあり、いつも陣取る花の真下は既に先客で埋め尽くされていたので、少し遠目。

 それでも、見上げれば、この景色。


20190405_seware_03
 
 薄くたなびく雲もいい感じですね。

 ひとしきり食べて飲んだくれた後は、お昼寝タイム。 これが背割れの醍醐味です。


 台風の被害があったとは言え、やはり背割れの桜は凄いです。

20190405_seware_04


20190405_seware_05

20190405_seware_06

 さて、背割れを後にして、伏見へ。

 こちらも花盛り!!!

20190405_seware_07


 酒蔵と桜。。。 あぁ、日本って感じがしますね。

 宇治川派流もまさに桜のトンネル。

20190405_seware_08

 

20190405_seware_09


 また、十石舟がいい風情を醸し出します。

 あまりの桜の素晴らしさに、すっかり酔いも覚め、再び、伏見で飲んで帰りましたとさ。

 今年の桜・・・ まだまだ、続くよ。

 

« まさに梅海 いなべ梅林を訪ねて | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まさに梅海 いなべ梅林を訪ねて | トップページ