« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年1月 2日 (月)

新春天空狂言にて新年を言祝ぐ

 今日は、おめでたく、新年狂言で笑い初め。

 20170102_tenku_01

 15時開演の部です。

 めでたい雰囲気の漂う能舞台。 一年をスローにスタートするにはもってこいって感じです。

20170102_tenku_05

 お目当ては、茂山宗彦さん。 桂よね吉さんの落語でよくコラボされているのですが、すっかりお気に入りに。 鶏婿で婿役をされたのですが、何気ない所作になぜか笑いが。。。 不思議な方です。

 この日の一番は、素袍落で太郎冠者役をされた茂山千作さん。 酔っ払いの芸をされるのですが、酔っ払いの同類としては、その演技が身につまされます。圧巻なのは、あくまでも芸なので飲んではおられないはずなのに、だんだんと顔が紅潮されていくところ。

 もしかして、飲んでる?coldsweats02

 なんとなく、ほっこりとした新年を迎えることができました。

 ところで、この日は、月と金星がとても接近していたのですね。 公演が終わり会場を出ると・・・


20170102_tenku_02


 三日月と金星のランデブーが。

 そして、さらに、ピチョンくん(明るすぎcatface)も、

20170102_tenku_03

 
 御堂筋に出て、心斎橋まで歩いて帰りました。 途中、御堂筋もイルミネーションが、年始と言うことで自動車も少なく、一層、輝きを増していました。

20170102_tenku_04

 Takaは、明日でお休みもおわり。weep

 年末のお休みは、本当に足早に過ぎ去っていきますね。

2017年1月 1日 (日)

2017年(平成29年) 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 大晦日、なんとなくみていた紅白歌合戦・・・ 途中、仲間割れ?みたいなシーンもあり、「これって、学級崩壊?catface」という思いも抱きつつ、毎年恒例のTV東京ジルベスターコンサートにチャンネルを変えました。今回のカウントダウン演奏は「ボロディンの韃靼人の踊り」、指揮者の融通が利きやすいオケの演奏だけではなく、合唱も入るというカウントダウンF難度の曲に大友直人さんが挑まれました。不自然なピッチアップ、ピッチダウンもなく華麗にフィニッシュ。
 紅白では、2017年の到来に一抹の不安も抱きましたが、これで、気持ち良く、眠りにつくことができました。

 年明けて、2017年の到来です。

 今年も、これまた例年通り、Taka姉家との新年会。12月24日に忘年会まがいのX'mas会を行ったばかりですが、今年の飲み初めです。

 会は、夕方からの為、日中は初詣に。

 いつもの通り吉野神宮にお参りです。今年は、出足が遅く、吉野神宮に着く手前(おおよそ13時30分)で駐車場空き待ち渋滞に。。。shock

 いままで、こんな渋滞に引っかかったことはなかったのですが、参拝を終えて、帰る頃には渋滞の列は更に延びて、近鉄吉野神宮駅付近まで延びていました。恐らく、最後尾におられた方が参拝を終える頃には、日が傾いているのではと、しないでも良い心配をしてしまいました。

 その後は、家まで渋滞もなく順調に帰ることが出来、買い出しも終え、新年会の準備も万端に。自動車を運転するために我慢していたお酒も解禁かと思いきや、姉家のドライバーである第一姪っ子(姉家の中で唯一酒を飲まない変異種)が職場より戻りが遅くなるとのことで、お迎えに行くはめに。 トホホweep

 まぁ、何はともあれ、新年会が賑々しく開催されました。

 

 

20170101_shinnenkai_01

 写真に写っているお酒の本数は2本だけですが、最終的には 4本 が空いてしまいました。 なんぼほど飲むねん。。。

 ところで、今年のTakaが引いたおみくじですが、

 ときくれば 枯れ木とみえし やまかげの さくらも花の さきにおいつつ

とありました。 これって、もしかして雪解け? いい一年になりますように。
 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »