« 又兵衛桜と春の宇陀散策 | トップページ | 石楠花の室生寺とボタンの長谷寺 »

2014年4月12日 (土)

奈良~九重桜と春鹿寄席

 今日は、午後3時過ぎから春鹿寄席。お天気もまずまずで、それまでの時間、奈良公園を散策。ソメイヨシノは散り過ぎましたが、奈良公園では、色んな種類の桜が春を継いでいきます。今は、垂れ桜と、九重桜が満開cherryblossom。この種類の桜が多いところを、訪ね歩きます。

 みどり池園地。九重桜が、咲き誇っています。

20140412_nara_01

20140412_nara_02

八重の中でも早咲きの品種で、小振りの花弁が可憐。

花手鞠が、枝からこぼれそうです。

20140412_nara_03

 戒壇院へと続く石段の脇には、清楚な山桜。

20140412_nara_04

 正倉院横の園地には、大きな枝垂れ桜が2本。可憐で華やかな、八重の紅枝垂れ。

20140412_nara_05

20140412_nara_06


「おかっぱ桜」と呼ばれる独特の姿は、花が鹿に食べられないように枝を切っているため、また実際に鹿に食べられることもあり、枝の長さが一定に揃っているからだそう。不思議に愛らしいボリューム感。

20140412_nara_07
 東大寺大仏殿の脇から、東塔跡園地へ。ここは、桜も楓も多い所。すでに新緑をつけた楓に、枝もたわわな九重桜。そして、名残のソメイヨシノ・・・ 少しずつ春が進んでいます。続く春日園地。広々とした芝生を九重桜が彩っています。折しも風が吹き、花吹雪が・・・ 


20140412_nara_08

華やかな一時です。

シルクロード交流館の脇の、枝垂れ桜の饗宴もあでやかです。

20140412_nara_09

 この後、もう一度東大寺大仏殿の背後に出、土塀の続く石段を登って、二月堂、三月堂、若草山の麓を通り、浮見堂の浮かぶ鷺池へ。

20140412_nara_10

20140412_nara_11

20140412_nara_12

 池を見下ろす高台は、ちょっとした九重桜の並木。

20140412_nara_13

 下に入ると、桜色の回廊。身も心も桜色に染まって、奈良公園の花力を満喫しました。

 散策の後は、奈良町の今西家書院で、お楽しみの春鹿寄席。

20140412_nara_14a



本日の噺家さんと題目は・・・

笑福亭純瓶さん 奈良を舞台にした創作落語・・・なのですが、今回は桃太郎をアレンジした「桃太郎と鶴と正直じいさん」のお話・・・あれ、奈良はcoldsweats02sign02 もしかして、ネタ切れsign02sweat01 しかも、話の途中で、本来ならまくらとおぼしき四方山話が入ってきますよ。どうなることかと思いながらも、意外性にかえって楽しく笑えました。次回、Elliの恩師の先生作の奈良町民話地図など進呈しよう(どの話もご存じかもしれませんが・・・)と、僭越ながら思った次第でした。

 桂華紋さん 「ふぐ鍋」 若手で、今後のさらなる面白みを感じさせる、勢いある話しぶり。

 笑福亭純瓶さん 「平の陰」 安定の古典落語。創作の方と打って変わって、安心して(?)、笑わせていただきました。

 桂坊枝さん 「天王寺詣り」 まくらでは、まったりした、物静かなくらいの話しぶり。それが落語の本筋に入ると、一変。メリハリの効いた、熟練の話芸。極められた語りに大いに笑った、円熟の締めでした。

 

20140412_nara_15 この後は、お楽しみの交流会bottle 

 美味しいお酒と、噺家さんとの語らいの一時。

   桜に魅せられ、

         芸に笑い、

           酒と食に酔った

盛りだくさんな一日でした。



20140412_nara_16

« 又兵衛桜と春の宇陀散策 | トップページ | 石楠花の室生寺とボタンの長谷寺 »

コメント

ご無沙汰しています。雨の多い八月でしたね。
ひょっとして、と思って久々にのぞいてみたら
アップされていて嬉しかったです。

なつかしい東大寺や奈良公園の八重、九重桜…
おかっぱ桜の名前と謂れは初めて知りました!
さっそくアルバム『正倉院日記』に書き加えました。

昨日は涼しかったので
諦めていた「醍醐寺のすべて」展に行くことができました。
2か月ぶりの昼間の徒歩外出…
東大寺図書館で調べ物をしていると
卒論で寺通いしていた夏休みが思い出されました。
窓の外の百日紅、蝉の声、鹿の糞の匂い…

図書館は東大寺ミュージアム内に移りましたが
桜や百日紅や鹿の多い境内は昔のまま。
奈良に住む幸せをかみしめています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372655/56074528

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良~九重桜と春鹿寄席:

« 又兵衛桜と春の宇陀散策 | トップページ | 石楠花の室生寺とボタンの長谷寺 »