« 青谷梅林を歩く・・・ 城陽酒造蔵開きもね! | トップページ | 又兵衛桜と春の宇陀散策 »

2014年3月21日 (金)

伏見日本酒まつりと城南宮散歩

 毎年の恒例行事、伏見日本酒まつりbottle (近頃なんだか酒関連の恒例行事が、やたらと多い気がするのですがcatface)。今年も、お昼前から繰り出しました。

20140321_jonangu_01 まずは、山本本家。昨年、こちらの蔵元直営「鳥せい」の粕汁が絶品だったのですが・・・

 あれ、出汁が薄いsign02

 前後のおばさん方にも不評で、皆さんブツブツ・・・。察するに、昨年は、遅い時間に来場したので、鶏肉の出汁が濃く、鶏肉もごろごろ入って(残って)たのですが、今回は開店直後に来たので、出汁がまだ出来っておらず、具の量も加減されてたのかも。

 狙うべきは、品切れのリスク承知で、「残り物には福がある」時間なのかもしれません。

 次は、川を渡って、斉藤酒造。新酒鑑評会13年連続金賞受賞を誇るこの蔵、Takaの心をそそる純米酒もさることながら、Elliも楽しめる果実酒、何より美味しい食べ物屋さんが多く、いつも楽しませてもらっているのですが・・・

 今年は、例年になく凄い人。席を取るのも一苦労。有料試飲コーナーも、恐ろしい行列で、10分以上待たないといけません。蔵の人も、「今までこんなことはなかった」と、苦心のご様子。いつもなら、有料試飲コーナーを何度も行き来するTaka、今回は一度で断念。とにかく食べる物だけは食べて、早々に切り上げました。

 3つめ目は、招徳酒造。女性の杜氏さんが醸す、優しい味のお酒。おつまみの鶏モモ肉の炭焼きも絶品で、良い締めくくりとなりました。

 普段は、この後、酒蔵の並ぶ堀沿いなどを散策するのですが、今日は趣向を変えて、北上。枝垂れ梅が美しいという城南宮に行ってみました。

20140321_jonangu_02

 鳥居から、本宮に至る参道の両脇は、様々な椿が植えられ、とりどりの色と姿を見せています。

20140321_jonangu_03
20140321_jonangu_04


 端正で清々しい佇まいの本殿にお参りし、 庭園へ。

20140321_jonangu_05

 枝垂れ梅は、もう盛りを過ぎていましたが、一面に散り敷く花びらが、地面を華やかに染めています。

20140321_jonangu_06

20140321_jonangu_07

20140321_jonangu_08

20140321_jonangu_09

20140321_jonangu_10

20140321_jonangu_11

20140321_jonangu_12

 枝垂れ梅の丘を抜けると、椿の小径。塀越しに、本殿が見えます。

20140321_jonangu_13

 大抵の神社では、本殿は拝殿の後ろに奥まり、参拝者は拝殿ごしに本殿を伺うしかないのですが、ここでは、庭園を通ることで本殿の後ろに回ることができ、全容を見ることができます。これは大変、貴重shine

  次は、曲水の宴を行う、平安風の庭。北野天神と梅の植え込みの借景も、心憎いばかり。通路を渡って、室町、桃山風の庭へ。広々とした枯山水に、池のほとりの茶室。よく整えられ、進む度に変化していく景観の見え方も、計算し尽くされています。

20140321_jonangu_14

20140321_jonangu_15

 奥では、馬酔木が白い花を、鈴なりに付けています。

20140321_jonangu_16

 この花が咲くと、もう桜の季節はすぐそこ。春に向けて、着実に時が進んでいくのを感じた一時でした。

20140321_jonangu_17

« 青谷梅林を歩く・・・ 城陽酒造蔵開きもね! | トップページ | 又兵衛桜と春の宇陀散策 »

コメント

城南宮、曲水の宴に憧れつつ
行ったことがないのですが
梅の名所でもあるのですね!
「酒と花の日々」-酒仙道を究めておられますね。

堺の博物館で
田能村直入展を見たところ
月ヶ瀬や箕面などElli様にもおなじみの名所が
文人の理想郷として描かれていました。

友の文章とともに描かれた牛滝谷画巻は
麦飯や野花のスケッチもあって
まさにブログ風!

snowdropもつられて、百数十年後に
牛滝もみぢを見に行ってしまいました。
彼らは谷川の水で茶を喫しましたが(茶仙ですね)
我らは岸和田だんじりマークのビールを…(^^;)

お返事が遅くなったり、抜けてしまって、すいませんbearing

城南宮、snowdropさまは、てっきり訪問済みかと思ってました。
曲水の宴は、4月の半ばだったんですね。
とても整った、美しい所ですので、ぜひ訪れてみて下さいnote

>友の文章とともに描かれた牛滝谷画巻は
>麦飯や野花のスケッチもあって まさにブログ風!

面白い着眼点ですねshine 
ブログって、誰でも手軽に写真や文をまとめて、
記録に残せて、こちらの方が「現代のスケッチ絵巻」なのかも。

牛滝山という所、初めてしりました。
山深い、良い所なんですね。
いろんな所があるんですね~heart04
行ってみたいけど、南海本線はちょっと大変かもsweat01

こんばんは。ご無沙汰してます。

粕汁は残念でしたね(*^.^*)

城南宮の枝垂れ梅、花盛りの時期であればそれは豪華絢爛の姿でしたでしょう。
散った花にも趣があり、それを写真に収められるところが素敵です。

私は行ったことが無いので、是非「散策リスト」に付け加え、出向きたいと思います。
ただ、人混みが苦手なので、花の見ごろは逃してしまうかも。。。

馬酔木は夫の実家の庭に植えられていました。
いつの間にか枯れてしまったようで。。。
残念です。

話は変わりますが、
9月に兵庫県立芸術文化センターで「三大ピアノ協奏曲の饗宴」と題したコンサートがあるんです。
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第五番 皇帝」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」
チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第一番」

なんて! 夢の饗宴です。
チケット ゲットしました。

(ラフマニノフでは、真央ちゃん思い出して泣いちゃうかも。。。)


今から楽しみです♪~

ぶるうらぐうんさま、ご訪問ありがとうございますhappy01

城南宮、ぜひぜひオススメですshine 
伏見散策と組み合わせてもいいですし。

梅が満開の季節が一番美しいかと思いますが、
確かにかなりの人出になるみたいですねcoldsweats02
平日だと、少しましかも・・・

馬酔木は、悲しいですねsad 
環境が合わなかったんでしょうか・・・

「三大ピアノ協奏曲の饗宴」、聞き応え満点ですねsign03
1人のピアニストが、ベートーベンとロシア系の両方
弾きこなすのも、凄いです。
ブログの感想、楽しみにしてますnote

ラフマニノフの2番、ブログには感想書いてないのですが、
実は3月の半ばに京響で聴いて(NHKで放送されました~)、
絶品の演奏に、第1楽章は真央ちゃん、
第2楽章はメリチャリのエクシビ、
第3楽章は伊藤みどりの滑る姿がずっと浮かんで、
感きわまってしまいましたsweat01

指揮者の方が、アンコール前の観客への挨拶で、
真央ちゃんと羽生君に言及されて、またソチのフリーを想い出したり。

広上淳一さんという指揮者ですが、何年か前の
メダリスト・オンアイスで京響生演奏の指揮をされてたし、
フィギュアスケートお好きなんでは、と感じて、
演奏と別のところで、勝手に嬉しくなってましたsweat01

この秋~冬のフィギュアは、ちょっと寂しいけど、
新世代の選手の活躍が見られるといいな、と思いますshine

2016年4月29日は最高気温が20度を切る涼しさだったので
城南宮の曲水宴に行ってきました。
寒冷前線がときおり雨をぱらつかせましたが
平安の庭で歌会を見聞することができました。
今年のお題は「卯の花(ウツギ)」、snowdropも一首詠みましたよ!
帰宅後に…

城南宮、訪ねられたのですねsign01
ブログ記事、読ませていただきました。
想像通りの雅な催しですね。 

私も一度行ってみたいですが、人が多そうで・・・
でも、価値ありそうです~

お題に併せて詠まれた歌も、感慨深いですshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372655/55945750

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見日本酒まつりと城南宮散歩:

« 青谷梅林を歩く・・・ 城陽酒造蔵開きもね! | トップページ | 又兵衛桜と春の宇陀散策 »