« 春鹿寄席 第三十ニ盃  ~紅葉の奈良とともに~ | トップページ | シャロン・シャノンのアコーディオンに酔う »

2013年11月24日 (日)

色降る 山門水源の森

 昨日の春鹿寄席の余韻も醒めやらぬ中、 今日は、北近江は山門水源の森に紅葉散策に出掛けました。

 お家を朝6時に出発9時に到着しました。

 今日は天気予報は終日 ピーカン  ・・・
 

 なのに・・・ なぜか どんより 

 それでも気を取り直して Go

 ビジターズハウスのような建物があり、そこで山門水源の森を紹介したビデオを観させていただきました。 たまたま紅葉の季節にきましたが、春の新緑の季節も魅力的です。

 まずは、沢の道コースを辿り湿原に出ます。

20131124_yamakado_01

 晴れていれば、どんなに美しいことでしょう・・・

 展望台に上がると、こんな景色が見えます。

20131124_yamakado_02

 秋真っ盛りですぅ。

 ここから、山道に入っていきます。 目指すはブナの森です。

 見えてきました。ブナの森です。

20131124_yamakado_03

 もう、かなり落葉が進んでいますが、一歩、森の中に足を踏み入れると・・・

20131124_yamakado_04
20131124_yamakado_05

 なんとも気持ちのよい空間が身を包んでくれます。

 少し登っていくと、タカノツメという木と楓の美しいコントラストも。

20131124_yamakado_06

 そうこうしているうちに頂上です。 ビジターズハウスからおおよそ200mの標高差なので、とても、らくちんです。

 守護岩という石が頂上の目印です。

20131124_yamakado_07
 ここで、少し早めのお弁当を食べて、山を降りて四季の森へと向かいました。

 そして、これが四季の森です。

20131124_yamakado_08

 足を踏み入れると・・・

20131124_yamakado_09

20131124_yamakado_10
 

 まさに 色降る 世界でした。


 これが、今日登ってきた山です。

20131124_yamakado_11

 湿原まで戻ったときに、森を守ってらっしゃる方に出会っていろいろと話しを伺うことができました。

 バブルの頃、この森は一時ゴルフ場開発が進められようとして、湿原地帯にも芝生が植えられたとのことでした。 バブルが崩壊して、ゴルフ場建設も頓挫して放置されていた森を少しずつ今の姿に戻してこられたとのことです。 特に湿原地帯の復元は大変だったそうで、今でも、動物の食害などから植物を守りりつつ、すこしずつ復元されているとのことでした。

 日も傾き、湿原に淡い光が入ってくると森全体が輝くように見えました。

20131124_yamakado_12

20131124_yamakado_13

 山を降りた後、マキノ高原の温泉に寄って帰途につきました。


20131124_yamakado_14

« 春鹿寄席 第三十ニ盃  ~紅葉の奈良とともに~ | トップページ | シャロン・シャノンのアコーディオンに酔う »

コメント

こんにちは(o^-^o)

きれいな紅葉ですね!
11月下旬は寒かったでしょう。
今年は、夏からいっきに冬が来てしまって、秋を感じる間もありませんでした。
春と秋を感じる期間が短くなっていく。。。
年々こんな感じになっていくのでしょうか?

でも、自然はしっかり秋を演出してくれてたんですね(*^-^)

今日の全日本はいよいよ真央選手の登場です。
どんな演技を魅せてくれるのでしょう?
今シーズンは、3Aで失敗しても、安心してみていられますね。
彼女、ほんとうに成長しましたね!

男子はどうなるんでしょう?
高橋選手は大丈夫でしょうか?
3人枠。。。
本当に厳しいですね(  ̄^ ̄)

返信が年をまたいでしまって、すいません
12月後半、四国の父親の容体が芳しくなく、
毎週, 見舞いに行くなど、少しバタバタしてました。

秋の樹々の色付き
最近の夏の暑さは植物にも過酷だと思うのですが、
よくぞ酷暑を超えて美しい姿を見せてくれ、
その生命力に畏れ入ります。これからもどうか
見続けることが出来たら、と思います。

今季の真央ちゃんの安定、本当に素晴らしいですね
それだけに全日本はショックでしたが、
腰痛だったと聞いて、ちょっとホッとしました

高橋君も、5位に終わった時は、こちらも泣きそうになりましたが、
代表に決まって本当に良かったです
小塚は可哀想だけど、これまでの実績、
何より今季の成績を考えると、五輪代表は、
やはり高橋と思います。

真央ちゃんも大輔くんも、ソチは体調を万全に、
集大成の演技をきっと見せてくれると信じます

羽生は、何だかソルトレークのプルシェンコのようです
(Pチャンは、あの時のヤグディン?)

最高の色を目指して、3人も、
どの選手も皆頑張れ〜

スケート談義にsnowdoropもお邪魔します。
2013年の全日本フィギュア、
今年に入って再放送していたので
BDに保存することに。引退する選手もいるので…
ついでに、トリノの村主と荒川も保存♪
(村主は安藤とともに全日本を目指したのですが…)

真央ちゃんはまた
タラソワのラフマニノフなのですね。
重厚すぎとも思えた「鐘」を、好きと言い
今季も彼女の振り付けを演じる真央ちゃんに
大人の女性の意志の強さを感じます。

ワタシ的には
鈴木明子に肩入れしています。
ショート2位の時点で、なぜかウチの経済新聞では
4位の安藤美姫ばかり注目されてて、ムッ!
スポーツ新聞をゲットしようかと思いましたが
ネットで読めるんですね!

高橋君、小塚君(7拍子はすごい)の分も
匂い立つような演技で、有終の美を飾ってください。
かつてのプルちゃんを思わせる羽生君も、
いっそうのスタミナを。
いまの日本には珍しい、ハングリー顔の
町田君の火の鳥も羽ばたいて~。
村上佳奈子の笑顔(男顔?)ももう一度。

(長文になってしまってすみません…)

こんにちは
先の全日本とトリノ五輪の2人の演技、保存ですか~
素晴らしいです

私も、お気に入り集を作りたいと思いながら、
結局、編集が大変なのと、1枚のDiskに入る
分量になるまで待ちきれず、消去してしまい、
手つかずです

明子さんの心のこもった演技、いいですよね
温もりある人柄を感じます。
あの年齢で、3回転-3回転を完成させるのも凄いです。
長久保コーチの指導(ジャンプに定評あるそうですね)
も素晴らしいのだと思います。

>ショート2位の時点で、なぜかウチの経済新聞では
>4位の安藤美姫ばかり注目されてて、ムッ!

スポーツ新聞も似たようなものかも

マスコミは、商業主義で情報を選別するので、
偏ってますよね・・・ 実力のある選手を、
掘り起こして欲しいです。

Numbersとかスポーツ専門雑誌の記事とか、
時々面白いのがありますね。
町田選手の愛読書が、ヘーゲル「美学講義」
と書いた記事が面白かったです。哲学青年なんですね
何という才能~

あの目つきの鋭さは、演技えのハングリーさのみならず、
知性の鋭さの顕れかも

元男子シングルの田村岳斗さんのブログもいいです。
元選手ならではの視点で、冷静かつ温かいです。

真央ちゃんの選曲、持って生まれた動きが柔らかいので、
ショパンやドビュッシーをよく滑ってましたが、
色々読んでると、もともと男の子みたいな性格な上、
アスリート魂の塊みたいな子なので、
ああいう強い曲が好きだったみたいですよ

佐藤コーチに移ってから、滑りがシャープになって、
ああいう強い曲にも、格好良くはまるようになりましたね。

今季は、Snowdropさんおっしゃる通り、
大人の女性の気品と風格が出てきて、
とても素敵なラフマニノフになってますね

本当にどの選手も、ソチで名演を期待します

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色降る 山門水源の森:

« 春鹿寄席 第三十ニ盃  ~紅葉の奈良とともに~ | トップページ | シャロン・シャノンのアコーディオンに酔う »