« ヤマボウシ 狂い咲き | トップページ | 春鹿寄席 第三十ニ盃  ~紅葉の奈良とともに~ »

2013年11月16日 (土)

紅葉探訪 奈良正暦寺

 どうも お天気サイクルが

    平日 → 

    週末 →  or

という、 いやがらせ? とも思える今日この頃。

 久しぶりに週末に  が回ってきました。 それに家の近くの街路も秋一色。 そろそろ里にも紅葉が降りてきたようです。

 そこで、昨年、 Taka母が行って、自慢していた(なぜ、自分のものでもないのに自慢するのか 奈良の正暦寺に行ってみようかということに。

 数日前から、インターネット各種ホームページで見頃情報をチェックしていたところ、お寺の公式Facebookがついに見頃宣言 それを受けて、「色づき」で様子見していた近鉄電車ががついに 「見頃」マークを!それ以外の紅葉情報のページが、 WeatherNews をはじめ、「色づき」もしくは「情報なし」なのが、今ひとつ謎ではあるのですが・・・

 何はともあれ、行ってきました。

 まずは、奈良駅に出て、そこから路線バスで円照寺まで行きます。 今年の1月に訪れたのと同じルートです。

 円照寺に向かう途中、我々を祝福するかのような来光が。

20131116_syoryakuji_01

 そして、行く手の円照寺の門にも、

20131116_syoryakuji_02

 天のお計らいを感じた一瞬でした。

 そして紅葉は・・・

20131116_syoryakuji_03

 少しだけですが輝いていました。

 円照寺は門跡寺院です。 門の片隅から少し中を拝見させて頂きました。

20131116_syoryakuji_04
 

 綺麗に庭が掃き清められており清々しい風情です。

 ここから、正曆寺までは、小一時間のハイキングです。 そして、到着しました正曆寺。

20131116_syoryakuji_05


 ここの紅葉の見所は福寿院客殿からの眺めです。

20131116_syoryakuji_06


 客殿の柱をフレームに入れると、一服の絵画に。。。

20131116_syoryakuji_07

 でも、よく見ると、紅葉してるの???  確かに数本の楓は赤いですが、なんとなくまだのような・・・

 ここは一発。 心頭滅却すれば緑も紅し と自分に言い聞かせまする。

 外に出て、一本一本の木々を見ると、やはり紅葉は進んでいるようです。 それでは、しばし、正曆寺の楓をご覧あれ。

20131116_syoryakuji_08                 太陽の光を透過すると紅葉も際立ちます


20131116_syoryakuji_09                         正に深紅

20131116_syoryakuji_10               普段は見ることの出来ない本殿傍の池に映る紅葉      

20131116_syoryakuji_11                 確かに一部を切り取ると紅葉真っ盛り?

20131116_syoryakuji_12                       風情のある風景

20131116_syoryakuji_13                  赤一色よりもこのコントラストが魅力
 


 一面だけを見ると素晴らしい紅葉なのですが、やっぱり福寿院客殿からの眺めが、・ ・ ・ でした。

 このあと、休憩所でお抹茶でずんだ餅を食べて、再び同じ道を下り、奈良へもどりました。

 途中のバス停では・・・ なんともシュールな広告を見つけて大笑い。

20131116_syoryakuji_14

 奈良に着いた後は、お気に入りの「おかる」というお好み焼きやさんで、少し遅めの昼食をとり、おきまりの春鹿(蔵元ね)に寄って、帰途につきました。 奈良では立派な銀杏も色づいていました。

20131116_syoryakuji_15

20131116_syoryakuji_16

 こうして、秋の一日が終わりました。  

 ところで、そのあとびっくりなことが・・・   なんとなく、「見頃」と銘打たれた正曆寺の紅葉に不満を抱いていた Elli  が 再び WeatherNews の紅葉情報を見ると・・・ なんと、今日の昼まで「色づき」だったのに、そして、訪れた実感も「色づき」なのに、19:00付けで「見頃」となっていたのです

                         Why???
 

 こんなことで、本当にいいの・・・???

 まぁ、こんなこともあるさの一日でした。
20131116_syoryakuji_17


« ヤマボウシ 狂い咲き | トップページ | 春鹿寄席 第三十ニ盃  ~紅葉の奈良とともに~ »

コメント

長谷川等伯の屏風絵のような
斑紅葉、素敵ですね!
友禅の反物にもなりそうな
美しいグラデーション、
深紅の紅葉より好きかも…

万葉集では
モミジはすべて「黄葉」、
唯一、例外かもしれない「紅葉」は
生駒山の歌に登場するそうです。
このところ
窓から見える生駒山が雨雲に包まれると
10分後には家が氷雨に包まれます。
今朝は水仙が初めて咲きました。

この日は、全体的に班紅葉ならよかったのですが、
6割以上青葉で、それすら少なかったです
日当たりや木の種類で変わってくるのでしょうけど、
色付きの差が本当におおきかったです。

万葉集の黄葉、楓ではなく、
楓のあとに色づく雑木林の色なんでしょうねぇ。
生駒山麓だけ紅葉というのは、自然木でも
赤っぽい葉が多かったのか、楓があったのか?
当時の植生を調べたら、答えがでるのかな?

氷雨と水仙、近づく冬の足音ですね
もうかなり水仙のつぼみも膨らんでいるのでしょうか?
今は、山茶花や寒椿も綺麗ですね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉探訪 奈良正暦寺:

« ヤマボウシ 狂い咲き | トップページ | 春鹿寄席 第三十ニ盃  ~紅葉の奈良とともに~ »