« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月27日 (日)

吉野紅葉調査

 家の近くの公園の桜の葉が綺麗に色づいてきました。

 ということは、吉野は今頃、素晴らしいことになっているのでは?

 ということで、インターネットで調べてみたのですが、今ひとつ情報が得られません。 紅葉サイトをみても基準はカエデの色づきが基準のようで、さくらもみじについては、ほぼ無視状態のご様子。「青葉」という文字だけが躍っています。

 2009年11月15日に吉野に行ったとき(こちらを見てね)には、カエデの紅葉を狙って行ったのですが、桜の木々の紅葉も残っていていい感じだったのですが、もう落葉しているものが多く、これが最盛期だったら・・・ と思ったものでした。

 ですから、さくらもみじの紅葉はカエデよりも少し前に見頃を迎える訳なのです。

 ただ、前述のごとく、なんか、今ひとつ情報が入ってきません。

 となれば、自ら調査に乗り出そうと言うことで、吉野に行って参りました。

 吉野駅を出て、七曲がりの坂を登っていきます。

 うーん。 何となく、色づきも今ひとつで、そうかと思えば、完全に落葉した木もあります。 

 対面の山を見ると。

20131027_yoshino_01
 来ていると言えば、そう言えるし、まだまだだとも思えるし・・・ なんか微妙な感じ。

 しかし、花矢倉展望台まで来ると確信しました。

                   断じて、 まだっ です。  キッパリ

20131027_yoshino_02

 望み抱いていた景色とは違いました。 もうしばらくの熟成が必要のようです。こう考えると、吉野の桜の紅葉は少し遅いのでしょうか。

 などと、思いを巡らせていると、 なんとなく Elli がぐったりとしてきています。

 「どうしたの」と問いかけると・・・

 返ってきた言葉が、なんと・・・

                        お腹空いた

 そうです。 Elli 特有の 「ガス欠」 です。

 実は、その兆候はあったのです。 でも、花矢倉あたりまで来れば、売店で何か買えると思っていたのです。 ですが、今日は売店はお休み。

 とにかく、糖分補給をということで自動販売機に行って甘い飲み物を買おうとすると、自動販売機まで電源が落とされているという念の入りよう。

 まさか、こんな時期に酔狂者が来るとは思ってらっしゃらないのですね。 ショボン…

 このままでは、進むも帰るもならず、水分神社に行けば何かあるかもしれないと、最後の望みをかけて、最後の燃料を振り絞って進みました。 なんとか自動販売機が稼働していて、ジュースをゲットすることができて命をつなぐことができたようです。

 まぁ、いずれにしても、注入したエネルギーはそんなに多くは無いため、動けるうちに下山してご飯を食べなければなりません。

 ですが、水分神社のパワーを注入したというのであればともかく、水分神社近くの自販機でエネルギーを注入しただけというのでは、あまりに淋しいので、水分神社だけは参拝しました。

20131027_yoshino_03                   ひっそりとした社殿もいいものです

20131027_yoshino_04
                  なんと仁王様も休業中のようです


 下山途中。 もう一度、蔵王堂の方を見ると。

20131027_yoshino_05
 さくらもみじは、まだまだだと再度、確信しました。

 それでも望みが捨てきれず、吉水神社からの一目千本の眺め・・・

20131027_yoshino_06

 ・・・ 出直すことにしました。

 まぁ、今回は調査が目的でしたので(かなり負け惜しみ) これで成果はありました。

 そうそう、Elli へのエネルギー注入は、「やっこ」さんで胡麻めんセットを頂きました。 初めて食べましたが、とても美味しかったです。

 近鉄電車。 やはり、シーーーーーーン としていました。 酔狂者二人が寂しく帰ります。

20131027_yoshino_07


20131027_yoshino_08                  途中、きれいに咲いていたシュウカイドウ


 

2013年10月26日 (土)

広上淳一さんの京響に感動

 今日は、久しぶりに演奏会に行きました。

 実は、ずっと広上さん&京響を聴きに行きたくてコンサート情報を確認していると・・・

20131026_hirokami_01_2
なるものがあったのです。

 京阪電車で八幡市(いつもは桜の季節にお世話になっています)に出て、20分ほど歩くと
八幡市文化センターに到着。

 本日の演目は、

20131026_hirokami_02
 最初は、尺八・琴・三味線による邦楽。 特に、尺八と琴による上弦の曲は、動と静の音楽が波のように交互に繰り広げられ、身体のどこかにある遺伝子が揺さぶられるような感動がありました。

 さて、広上さんの京響ですが、最初の一曲目がドヴォルザークのチェロコン。 チェロは宮田大さん。 ゲーリー・カーさんのコントラバスでのチェロコンを聴いて以来、チェロによる本来のチェロコンに少し物足りなさを感じていていましたが、今回の演奏は、躍動感のあふれる演奏でとても満足しました。

 そして、圧巻だったのが、二曲目のブラームス交響曲第一番。 非常にゆっくりとした演奏で、細部の音を一つ一つ大事に演奏されていました。 個人的に素晴らしかったのは、一音一音が玉のような響きで奏でられていたティンパニでした。  特にホールとの相性も良かったのかもしれません。 音がぼやけること無く、ストレートに飛んでくるようでした。

20131026_hirokami_03 アンコールも含めてたっぷり3時間の演奏会でした。

 再び八幡市駅まで歩いて帰り、途中、伏見で降りて、お気に入りのお店「花吹雪」さんで食事。

 それにしても、広上さんの京響は聴く度に凄くなっていると思います。 今日の演奏は二曲ともノータクトでしたが、タクトをもたないことで自由になった身体の動きと楽団が一つになって、一種の絵巻を見ているようでした。

2013年10月13日 (日)

Elli 回収

 せっかくの楽しい一日だったのに・・・

 その締めくくりが ムカデ様 来襲 事件ですっかり酔いも覚めた昨日。

 しかし、本当の地獄はこれからなのです。

 実家にて足を噛まれた Elli。 昨晩は、インターネットで応急処置方法を調べると、冷やすべき、いや、温めるべき など、相反する処置方法で賑わっており、結局何をしたらいいのか分からず、実家に常備されている ステロイド入りの対ムカデ軟膏(ムヒの豪華版です) を塗ることで様子を見ました。

 今日になって、痛みは治まってきたようですが、腫れが残っていて靴を履いて帰ってこれるかどうかが不安 ということで、 やむを得ず、Taka が自動車で回収に向かうことになりました。

 ですが、考えてもみて下さい。 今日は、三連休の中日。 しかも、お天気も上々ときています。 そうです。恐ろしいまでの渋滞       が予想されます。 そもそも、Elli自身が、バスで帰るのを断念して船で帰省しているのです。  げに、恐ろしきことなりです。

 とは言っても、事態の深刻さに鑑み、回収に向かうことにしました。

 で、渋滞を避けるために、深夜12時に出発。 それでも途中、渋滞に巻き込まれました。  4時頃に Elli 実家にて無事回収完了。 朝の渋滞に巻き込まれるのを避けるために、休むこと無く出発。

 這々の体で、9時におうちに到着しました。

 もちろん、放心状態。

 こうして、三連休の後半は、むなしく流れていったのでした・・・

2013年10月12日 (土)

盛りだくさんな一日

 Takaです。 今日は、職場の同僚であり、ホームページも相互リンクしている ぎんちゃん のお家に、職場の仲間数名とお邪魔させていただきました。

 Elli は、実家のお父様の調子が良くなく、一人帰省に・・・ しかも渋滞を避けるためにで。

 目的地は泉州、春木。 東岸和田のだんじりを見て、同僚自慢の鉄道ジオラマと、これまた、一緒にお邪魔する広島出身の同僚のお好み焼きで楽しむという豪華な企画です。

 しかも、待ち合わせは11時。 ということは。。。 時間に余裕があるので、もれなく関空(春木に近いのですぅ)で飛行機ウォッチングできるという特典つきなのです。

 で、まずは関空。 迷わずスカイビューへ Go!!

 関空のここでしか味わえない、航空機シーンを、アホな解説でどうぞ。

20131012_danjiri_01     4機がタキシング中。 飛んでいる姿もいいですが、複数機のタキシングは心躍らされますね

20131012_danjiri_02   いつのまにか、後ろにいた大型のANA 777が CAの737を“オラオラはよせいっ”って煽ってはります


20131012_danjiri_03                        た、た、対決?             


20131012_danjiri_04                FLY パンダ!  周りにいたちびっ子も大はしゃぎ


 さて、そろろそ集合場所に向かう時間です。飛行機を見て、気持ちが大きくなったので、ここは一つ奮発して、 ラピート号に乗車ぁ。 わずか15分だけですが・・・

20131012_danjiri_05

 さて、短いラピート号の旅も終わり、春木駅に・・・  迎えに来てくれていたぎんちゃんと、他の同僚と車に乗り合わせて、先週プチめぐりをして、東岸和田地区のだんじり見学に。

 だんじりを生で見るのは初めてでしたが、その勇壮な姿に感動。

 ここで、「感動写真をご覧ください」といいたいところですが、悲しいかな、あまり動きがあるものを撮ったことがなく、へぼ写真ばかりしか撮れていませんでした。 その中でもましな写真をどうぞ。。。

20131012_danjiri_06               太陽の光を背に浴びて颯爽の登場 かっこいいです

20131012_danjiri_07                       勇壮な飛び技  って言うのか?

20131012_danjiri_08                        迫力の遣り廻し

20131012_danjiri_09                       もう一発 遣り廻し

20131012_danjiri_10                       回り切ったら一安心


20131012_danjiri_11                       大迫力の地車三重連


 さて、だんじりを堪能した後は、ぎんちゃん邸にてパーティ。 地元の「はげ」など近海ものの魚をいただいき、また、本場広島のお好み焼きをいただきながら、もちろん、日本酒を。。。  4合瓶2本があっという間になくなりました。

 そして、本日のもう一つのメインイベント。 ぎんちゃんの鉄道ジオラマです。 何しろこれも動きがあり、しかも小さいので、 Taka のへぼデジカメでは、いい写真が撮れませんでした。 まぁ、かろうじてお見せできそうなものを 少しだけ。。。

20131012_danjiri_12                   電気機関車+8両貨物の大編成


20131012_danjiri_13                      スピード感もたっぷり

20131012_danjiri_14                  見慣れた阪急電車もこう見ると新鮮

20131012_danjiri_15                       堂々のコレクション


 そうこうしているうちにあまりにも長居をしてしまったので帰宅の途に。 本当に楽しい一日でしたぁ~ 



 し、し、しかし、不幸というものは突如としてやってきます。

 途中、 Elliに自慢話をしようと電話したのですが・・・

 電話口からは開口一番。 ❛イタッ~~~~❜ 

 何事が起ったのかと思いました。 もしかして、以前、摘出した胆嚢が再生復活(トカゲのようなやっちゃな) して、また石を蓄えたのかとも思いました。

   ・・・・では、なかったようです。

 なんでも、電波状況が良くなくて、外に出ようとした Elli ・・・ 靴を履いたのが運のつき。 なんと、靴の中に

                        ムカデ様


が巣食っておられたようです。 ムカデ様の平穏な暮らしを妨害した Elli 反撃をくらってしまったそうです。  あぁ~あ どうなるのでしょう。。。。

2013年10月 7日 (月)

信州紅葉旅行 -3日目:栂池自然園散策-

 朝です。

 宿での朝食はお弁当に振り替えてもらい、栂池自然園散策に出掛けました。

 丁度、空が白みかけてはいるのですが、残念ながら、辺り一面、濃い霧が立ちこめています。 それでも、時折、山肌に日が入ると・・・

20131007_tugaike_01

 朝日に赤く染まった白馬の山々を見ることができます。

 栂池自然園の中も霧が本当に低く漂っていて、眺められる景色は刻々と変化しています。

20131007_tugaike_02

 ですが、ここでも、時折、強烈な光線が差し込んできます。 すると・・・

20131007_tugaike_03

 周りが暗いだけにコントラストが鮮明になり、黄金色に輝きます。 でも、またすぐに霧の中に隠れていきます。

 なかなか、お天気は意地悪ですが、とりあえず、霧が晴れることを願って、白馬大雪渓が見える展望台まで行くことにしました。

 途中、霧が嘘のように晴れてきて雄大な山容がぱっと目の前に、

20131007_tugaike_04                                 さっきまでの霧は何だったのか…


20131007_tugaike_05               昨日、ロープウェイから見た景色が目の前に


20131007_tugaike_06          NHKドラマ「坂の上の雲」のエンディングで映し出される小蓮華山


 そして・・・
20131007_tugaike_07            

 この林の中を抜けると。

20131007_tugaike_08

 展望台に到着です。

20131007_tugaike_09

 息をのむ美しさ・・・

 大雪渓はかなり痩せて、おおきなクレバスが。

20131007_tugaike_10
 朝早くに出たこともあり、我々の他には、一組の夫婦の方がいるのみでしたので、ここで、宿で朝ご飯用に作って頂いたお弁当を食べました。 二日続けて、本当に贅沢なことです。

 お腹もいっぱい、景色も堪能して、引き返すことに、その間にも素晴らしい風景に出会うことが出来ました。

20131007_tugaike_11                 小蓮華山も別の角度から見ると味わい深く      

20131007_tugaike_12                 名残の白馬大雪渓 この後は死角に入ります

20131007_tugaike_13                        黄金色の山肌

 
20131007_tugaike_14                        湿原を一望


20131007_tugaike_15                  これが栂池 ちょっと地味なところに・・・

20131007_tugaike_16                    このコントラストが栂池の魅力

20131007_tugaike_17                     くさもみじはもう終盤


20131007_tugaike_18                      気持ちのいい湿地帯


20131007_tugaike_19                       モコモコの黄葉


20131007_tugaike_20                  自然園の入り口が見えてきました      


20131007_tugaike_21            戻ってきました 霧がかかっていたときとは大違いにびっくり

 ということで、我々の旅もこれでおしまい。。。 のはずだったのですが、白馬乗鞍岳の方向を見ると・・・

20131007_tugaike_22
 とっても良い天気。。。  昨日見た天狗原の景色がもう一度見たくて、酔狂者と言われるのも顧みず再トライしました。

 昨日も見たはずなのに、この景色には何度もみとれてしまいます。

20131007_tugaike_23

20131007_tugaike_24

 そして、天狗原・・・

20131007_tugaike_25

 何度見ても、見飽きない風景です。

20131007_tugaike_26

 流石に、これ以上登る気力もなく、下山することに、まぁ、周りの人から見たら、「根性のない奴」と思われたことでしょう。。。

 登っているときには気づかなかったですが、下山の時も景色を楽しむことができました。本当にコントラストが綺麗なところでした。

20131007_tugaike_27
 

 最後に、お世話になった栂池山荘で、遅めのお昼ご飯を食べ、ロープウェイとゴンドラで降りて帰途につきました。

 
 信州の旅・・・ 素敵な旅でした。

20131007_tugaike_28_2

 

2013年10月 6日 (日)

信州紅葉旅行 -2日目:白馬乗鞍岳トレッキング-

 ホテルを4時にチェックアウトして、一路、小谷村へ・・・

 途中、白馬道の駅に寄ると・・・

20131006_hakubanorikura_01

 朝霧が幻想的な光景を生み出していました。

 ゴンドラ乗り場の駐車場に到着すると、丁度、朝日が山に差し込んだところでした。山肌がうっすらと紅色に染まっています。

20131006_hakubanorikura_02

 五竜岳の方向も綺麗に臨むことができました。

20131006_hakubanorikura_03

 そして、何より素敵なのは、 この秋の空。 これよこれ、暑苦しい入道雲の空とは無縁のこの空が気持ちを和ませてくれます。

20131006_hakubanorikura_04

 それでは、早速ゴンドラに搭乗。 ここのゴンドラは一パーティに一つゴンドラを割り当ててくれるので、とってもお気楽です。 そして、ゴンドラからの景色がまた格別です。 では、しばしゴンドラでの空中散歩写真でお楽しみ下さい。

20131006_hakubanorikura_05                                              白馬の街並み
                           

20131006_hakubanorikura_06                                     白馬の山容が間近に


20131006_hakubanorikura_07                       紅葉も丁度いい頃      

 約20分間の空中散歩を終えた後は、少し林の中を歩いてロープウェイに乗り込みます。

 ここから見る景色もまた絶景でした。

20131006_hakubanorikura_08

 ロープウェイを降り、振り返ると・・・

20131006_hakubanorikura_09

 どこを見ても飽きません。


20131006_hakubanorikura_10 まずは、本日、お世話になる栂池山荘に荷物を預けに行きました。

 ここで、山上で食べるお昼ご飯や水を仕入れるなど、山登りの準備作業をします。

 そして、7時50分

 白馬乗鞍岳を目指して出発です。

 少しだけ上がると、栂池自然園を一望することができます。

20131006_hakubanorikura_11
 まるで箱庭のような世界・・・

 


 紅葉の山肌を見下ろすと・・・ モコモコの世界が。
20131006_hakubanorikura_12


 木を見上げると・・・  錦色の世界が。
20131006_hakubanorikura_13

 そんなこんなで、どこを見ても美しい景色を楽しみながら、やってきました。 お休みスポットの天狗原に。 少し霧が出てきていますが、湿原と山肌の素晴らしい紅葉をどうぞご覧下さい。

20131006_hakubanorikura_14
20131006_hakubanorikura_15

 さて、ここまではとても歩きよい山道でしたが、ここからは、岩がゴツゴツする難所に入っていきます。 それでも、途中途中で素晴らしい景色を見ることが出来ました。

20131006_hakubanorikura_16

20131006_hakubanorikura_17
 

 雷鳥保護区に入ってからは、雷鳥さんを注意深く探しながら歩きましたが残念ながら出会えず

 そうこうしながら、乗鞍岳山頂 2.436m に到着しましたぁ~

20131006_hakubanorikura_18

 結構、霧が濃くて視界が悪かったので、早々に引き上げ、次の目的地、「白馬大池」を目指します。

 歩いてしばらくすると、霧の晴れ間から白馬大池が見えてきました。

20131006_hakubanorikura_19



 もう少し近づくと、霧がぱっと晴れ、美しい光景が広がります。 この景色を眺めながら昼食をとることにしました。贅沢な事です。

20131006_hakubanorikura_20

 もう少し近づくと、霧がぱっと晴れ、美しい光景が広がります。 この景色を眺めながら昼食をとることにしました。贅沢な事です。

 
 山荘の赤色が周りの景色と良いコントラストをなしています。 また、山荘の周りのナナカマドも紅葉真っ盛り。

20131006_hakubanorikura_21

 山荘で Taka はコーヒーを Elli は なぜか卵スープを注文して、ほっと一息。 ゆっくりと身体を休めた後は、ひたすら下山の途につきました。

 栂池山荘に到着し、部屋に入るとこんな景色が・・・
20131006_hakubanorikura_22

 一風呂浴びて、地酒を頂きながら美味しい晩ご飯。 食べ終わるとすぅっーと眠りにつくことができました。

20131006_hakubanorikura_23

2013年10月 5日 (土)

信州紅葉旅行 -1日目:諏訪酒を楽しむ-

 あぁ、秋ですね。 ようやく、暑かった夏も終わり、灼熱の夏で火照った身体に涼しい風が心地よい季節になりました。 そして、秋と言えば、

  ① 木々が美しく色づく季節

  ② お酒に味がのってくる季節、そして、新しい造りがはじまる季節

です。 ということで、この二つを同時に満足させてくれる地・・・ 信州 へと旅することにしました。

 具体的には、

    1日目  「上諏訪街道 秋の呑みあるき」という甘美なイベントに参加 

    2日目  白馬乗鞍岳から白馬大池へトレッキング 

    3日目  栂池自然園で紅葉散策 

という、秋のゴールデンコースです。

 ということで、本日は一日目、上諏訪街道 秋の呑みあるきぃっ~

 イベントは13時からなので、ゆっくりとおうちを出て諏訪へ。 諏訪湖に到着。

20131005_suwa_01
 

 天気も、なんとか傘要らずですみそうです。 この日の宿、「ホテルルートイン 上諏訪」に車を駐車させていただいて、仮チェックイン手続きをすると、なんにも言っていないのに、「呑みあるき」会場への道筋を説明してくださいます。 


20131005_suwa_02 ホテルからJR上諏訪駅はほんの近く。 目の前には有名な温泉、片倉館もあり、至極便利なところにあります。

 とりあえず、駅に行ってチケット代わりの枡(道中手形、又は、パスポートと呼ばれています)を Get します。

 この枡を各蔵で突き出すと、お酒が注がれるという、なんとも素敵な、ありがたい枡です。 



 それでは、会場マップを持って、いざ出陣。

20131005_suwa_03
20131005_suwa_04

 どこの蔵も大盛況です。

 イベントのホームページに、「雨天の場合にはカッパ着用をオススメします」とありましたが、なるほどです。これでは、傘はさせませんね。

 鹿肉の串カツなどを買って、それをつまみに美味しいお酒いただきました。

 やはり水が同じだからなのでしょうか、どの蔵も、お酒のベースは似た味でした。


 イベント会場では、諏訪の龍神太鼓などの披露もあり、色々と楽しめます。

20131005_suwa_05

 たらふく、呑んで食べて、酔いを覚ますべく、少し諏訪市街を散策。 懐かしのデゴイチなんかも見ることができました。 この日は、酔いもあり、また、明日のトレッキングに備えて、さっさと眠りにつきました。

20131005_suwa_06

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »