« ボストン美術館展とアベノハルカス | トップページ | 落語アウトレットとクラーク・コレクション »

2013年6月29日 (土)

春鹿寄席 第三十一盃

 今日は春鹿寄席の日。

 暑い夏を、笑いで吹き飛ばしたいものです。

 Elliは、一足早く出て、この寄席を通じてお友達になったMさんと奈良散策に。

 何枚か写真を撮ったので、適当にコメントをつけておいてとのことなので、ご紹介させていただきます。

 まず、一枚目。

20130629_harushika_01

 ふむふむ。 どうやらこれは、東大寺のようですな。 この建物の中に、大仏様が鎮座されとるわけですな。 しかし、半端ない暑さなのに、この人混みはなんなのでしょう。 Takaなぞは、この光景だけで熱中症にかかりそうです。

 お次はっと、

20130629_harushika_02
 東大寺に併設されて建てられた、東大寺ミュージアムだそうです。 うーん。 こちらは、なんとなく涼しげで良いですね。(ただ、単に人が見当たらないだけとの説も)  しかし、奈良時代の頃から歴史のあるお寺の建物なのですから、“ミュージアム”はイケてないのでは・・・? いっそのこと、分かりやすく大仏博物館で良かったのでは? あぁ、これじゃ、大英博物館のフランスバージョンみたいでだめか・・・

それでは、最後。

20130629_harushika_03
 鷺池の浮見堂ですな。 浮見堂が水面に反射してなかなか 涼しげで Good な写真だとは思いませんか。

 閑話休題

 本日の寄席は、 これです↓

20130629_harushika_04

錚々たるメンバーが揃いました。

 まずは、いつもの通り、純瓶さんの奈良創作落語。 今日のお題は「振り米」。
 

 
 病に伏せっている人に、米を入れた竹筒を振って、音を聞かせると、病が治り元気になるという伝承を題材としたお話でした。 奈良の都で吉野より来た僧侶を、助けたお礼に、春日大社で祀られていたお米をいれた竹筒をもらった男。 3回だけという条件の下で「振り米」として使うことができるとのこと。 まさかとは思いながらも、死にかけの犬に試してみると、なんと、元気になったではありませんか。 この男、この力で一商売(&、お嫁さんGet)を企みます。 最後には、お城のお殿様に対して使おうとするのですが・・・

 次は、桂福丸さん。 我々は、春鹿寄席では2回目になります。 お題は、「転失気(てんしき)」です。

 寺の和尚さんが、医者に身体を診てもらって、薬を処方されるときに、「てんしきは、ありますか?」 と、問われるところから始まります。 和尚さん、「てんしき」 と言われてもよく分からないので、とりあえず、「ありません」と答えます。 医者は、それなら、そのことも加味して薬を調合すると言い残して帰ります。 和尚さん、後から不安になり、なんとか、「てんしき」とは何かを知りたくなり、小姓に、「てんしきとは何か?」と問います。小姓も知らないので、「知らない」と答えると、和尚さん、あろうことか、「昔、教えたであろう、このままでは、また忘れるであろうから自分で答えを探してこい」と言いつけます。 この後、小姓は、「てんしき」と言うのが「オナラ」のことであり、和尚さんも知らなかったということを知ります。そして、仕返しをするために一計を案じます・・・ あぁ、あ・・・ の世界が繰り広げられます。

 そして、お次は、桂三歩さん。 なぜか、演台に上がるだけで笑いの渦が・・・、お題は、桂文枝(旧 桂三枝)さんの創作落語「悲しみよありがとう」。

 恩師の先生が亡くなられたお通夜に集まった同窓生の会話が綴られます。 主役は、4つ上の姉さん女房をもつうだつの上がらない男。 通夜の席にもかかわらず・・・ の行動に。(いろいろと問題もありますので、詳細は控えさせて頂きます。 まぁ、人の不幸は密の味 を寺でいく話しでした) とにかく、三歩さんの語り口が完全にはまり役で。会場は抱腹絶倒の嵐でした。

 そして、最後は、再び純瓶さんの古典落語「犬の目」

 これまた、医者が出てきます。今度の医者は、目医者さんです。 目が見えづらくなった男が、知り合いの紹介で、少し胡散臭い目医者にかかります。 この目医者、患者の目の玉を取り出し、きれいに洗うことで再び、よく見えるようにするという荒技の医者。 男もこの処置を施してもらう訳ですが、なんと、医者の弟子が取り出された目を洗った後、干しておくと、なんと、その目を犬に食べられてしまうという大失態。 困り果てた医者、その犬の目を繰り出して、男の目に戻します。 はてさて、どうなることやら。

20130629_harushika_05 ということで、お腹が痛くなるくらい大笑いして、噺家さん達との酒宴に突入。 

 いつもながらの楽しい時間です。

 
 純瓶さんは、奈良にある生駒の聖天さん(宝山寺)によく参られるそうです。 奈良の地に愛着をもたれているのですね。 奈良創作落語、百話完遂まで、是非、頑張って下さい。


 今日は、取り置いて頂いたこのお酒を買って帰りました。

20130629_harushika_06

« ボストン美術館展とアベノハルカス | トップページ | 落語アウトレットとクラーク・コレクション »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春鹿寄席 第三十一盃:

« ボストン美術館展とアベノハルカス | トップページ | 落語アウトレットとクラーク・コレクション »