« 春日の杜の新緑の中 | トップページ | 蔵 DE ちょい呑み して 伏見幕末散策 »

2013年5月15日 (水)

Elli 帰還

 本日、Elli が帰還いたしました。

 何を隠そう・・・ 今からさかのぼること、1年前、忘れもしない悪夢の  2012年5月27日 日曜日。 10年目の結婚記念日(正確には +2日) を祝して、 大台ヶ原登山に繰り出す途中。 そう、そいつはやってきたのです。 満を持してやってきたのです。 ウン十年間にわたり、黙々と仲間を増やしてきた奴らが、ついにやってきたのです。(詳しくはこちら

 その “やつら” とは、

                     胆石さん

達です。

 お医者様から 

   ・脂っぽい食事は摂ってはならぬ

   ・落ちようとしている石がたくさんあるので海外旅行も行ってはならぬ

と二禁を課され、

 「あまり、長い期間置いておくと炎症から癌になることもあるし、もう、胆嚢として正常な機能が失われているので早いとこ、石製造マシンと化している胆嚢を取ってしまいなはれ・・・」

と言われて、とうとう、ウン十年間もの間、苦楽をともにした胆嚢さんとおさらば することにしたのです。

 と言っても、自分で手を突っ込んで取るわけにもいかず、 入院、手術という手の込んだ仕儀になったわけでござります。

 そして、5月9日に入院して、本日、めでたくも、胆嚢を除去して少しだけ軽くなった New Elli が娑婆に戻ってきたのでございます。

 しかし、医学というのは凄いものです。 お腹の中(肝臓にぺたっとへばりついているそうです)にあるものを、たった2箇所に穴を開けただけで引っぱがすことができるのです。 そして一週間も経たないうちに普通の生活に戻ることができるのですね。 病院の先生にも感謝です。

 それでは Elli が溜め続けていた石達をご覧あれ。 (病院で、先生から、記念にどうぞと手渡されました・・・)

20130515_tanseki_01

            まるで石炭のようですねぇ・・・ だから、胆石? ちゃうわな。

                       

            でもぉ・・・ こんなの溜めるなら、お金にしてって感じ・・・

 
 最大のものは、これでした。

20130515_tanseki_02
 意外と小さいですね。 でも、胆管の太さは、 8mm 程度らしいので、こんなのがコロっと胆嚢からはき出されてしまうと、

         胆石ころころ、たんせきこぉ。 胆管に、はまってさぁ大変っ。

 ってな状態になって、胆管のなかではドジョウさんは出てきてくれませんので、入院になってしまうのですね。

 まぁ、何はともあれ、これで、Elli  の 二禁は解除されました。 めでたし、めでたしでございます。

« 春日の杜の新緑の中 | トップページ | 蔵 DE ちょい呑み して 伏見幕末散策 »

コメント

!!(゚ロ゚屮)屮
えええええー!
胆石って、こんなのがじゃらじゃらとたまっているんですかーーー!!!
こんなのが溜まっていたら、
そりゃあ激痛も走るはずです。

体って不思議だなあ。
知人の知人は、唾液腺のあたりに石ができたとかなんとか言っていました。
そんなところにも石ができるのか・・・

こんばんは
じぇじぇじぇ~、そうなんです。
このジャリジャリが溜まってたせいで、胆嚢は通常より
大きく腫れてて、取り出すのに3時間半かかりました。

それにしても、消化器外科の先生、3時間半も胆嚢と向き合うって・・・
どの仕事も、地道で忍耐が要るもんなんだな~痛感しました

私の石は胆汁の結晶でしたが、人によってはコレステロールの
白っぽい塊が、直径6cmくらいになって胆嚢を占拠したりするみたいで、
様々なようです。私は「腹黒かった」というオチで

にしても、唾液腺にも石って出来るんですか
それも痛そうだし、不快そう

年齢とともに、要らない物が身体に出来てしまって、
困ったものです

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elli 帰還:

« 春日の杜の新緑の中 | トップページ | 蔵 DE ちょい呑み して 伏見幕末散策 »