« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

桜爛漫〜伏見から背割、男山散策

                   祝 お仕事完遂

 Takaのこの冬の繁忙期、Elliの今年度の仕事も終了し、休息モードの我が家。それを祝うかのように(・・・祝ってないと思いますが)、桜が見頃を迎えています。

 今年も、一昨年以来すっかりお気に入りの背割に繰り出しました。

 まずは、近鉄から京阪への乗り換えポイント、伏見へ。近鉄桃山御陵から京阪中書島まで歩きます。酒蔵の並ぶ通りを過ぎ、水路に出ると、桜が。十石舟が風情を添えます。

20130330_sakura_01

20130330_sakura_02

 水辺に降りると、雪柳も花盛り。柳も芽吹いています。伏見が、一年で最も彩り豊かな季節。

20130330_sakura_03

 長建寺に寄ってみました。

20130330_sakura_04

 先週は枝垂が綺麗でしたが、今日は染井吉野が見頃。背割は、どのくらい咲いているのでしょう?

 京阪で中書島から八幡へ。お気に入りのお弁当屋さんで花見弁当を買って、いざ背割の堤へ。

20130330_sakura_05

 只今の状況は、満開の少し手前、7分咲きといったところ。

20130330_sakura_06

 それでも、1本1本が大木の背割の桜。集まると、色彩としてまとまります。一旦、並木の中に入ると、桜色をまとった枝が透かし細工のように広がり、柔らかい空色が透け、清楚で上品な天上絵。

 20130330_sakura_07
 土手の下の広い河川敷に降り、大きな桜の枝がすぐ側まで垂れ下がる所に敷物を敷きます。

 保冷バッグで持参したTaka、お気に入りの日本酒と、さきほどの花見弁当で、ささやかな花の宴

 心地よくよく食べたあとは、眠くなるもの。

 今度は、桜の枝の下にもぐるように敷物をずらして、花の下で午睡。目を開けると、すぐ鼻先に桜の花が揺れています・・・花に包まれて眠る、贅沢な一時。

20130330_sakura_08
20130330_sakura_09

 この一冬の疲れを花に吸い取ってもらって、今度は堤の反対側に廻ってみます。下道から堤を見上げると、まるで草原に桜並木が続いているよう。

20130330_sakura_10

20130330_sakura_11

 満開、満開過ぎ、満開前、どの時期も、それぞれに見応えのある、背割れの桜でした。


20130330_sakura_12 時刻は、午後2時。

 すぐ近くの男山に登ってみることにしました。

 山上には、京都の南を鎮護する石清水八幡宮が座しています。 八幡駅から一ノ鳥居から頓宮を経て二ノ鳥居の脇まで、昔からの門前が綺麗に整備され、川には太鼓橋も再現、桜の樹も植わり、ちょっとした公園のよう。二ノ鳥居から表参道を登っていきます。広葉樹の林の下を、急な石段が連なります。 25分ほどで、石清水八幡宮に到着。

20130330_sakura_13

20130330_sakura_14

 平安朝の寝殿造りのような、雅な瓦屋根の社殿。見えているのは外殿で、その瓦屋根の回廊に守られて、檜皮葺の内殿は隠れて見えません。国語の古文の教科書に、よく出ていたのを、懐かしく思い出します。

 社殿境内の傍に関係者用駐車場があり、桜が沢山咲いています。誘われるように行ってみると、黒い石造りの記念碑があり、竹が周りを囲っています。

20130330_sakura_15

 エジソンが白熱電球を発明した時、フィラメントに男山付近の竹を用いたのだそう。色んな繋がりがあるものです。

 再び森の中の遊歩道を歩いて、展望台へ。

20130330_sakura_16

 谷崎潤一郎の文学碑があり、眼下に木津川と宇治川、仄かな桜色に霞む背割堤、その向こうに天下分け目の天王山や京都盆地を囲む山並みが広がっています。来年は、背割の後どこへ行こうかな?

20130330_sakura_17 展望台のすぐ下は、男山ケーブル乗り場。

 「桜300本」などと数字が踊っています。

 せっかくなので、乗ってみました。桜は・・・、山の緑に混じって、うっすらほころぶ山桜。沿線にも確かにありますが、苗が多いような

 まあ、背割を見た後では、よほどでないと満足がいかないのかもしれません。後は、行きと同じく、京阪で伏見に出て、家に戻りました。

 この春、初の花景色に、旧年度の疲れも癒やされた1日でした。

20130330_sakura_18

2013年3月23日 (土)

伏見 日本酒祭りでほっこり

 年が明けて以来、Takaは 宮仕えに勤しみ、殆ど、お休みがございませぬ。

 なので、貴重なお休みの日は有意義に過ごさねばなりません。 ということで今日は、

                    伏見日本酒祭り

20130323_fushimi_01


 そう、仕事を避けて、お酒の一日へ!!

20130323_fushimi_02 今日のお目当ては、招徳酒造さん。

 桜もいい感じで咲いてきました。

20130323_fushimi_03

 まずは、いっぱいひっかけて、蔵見学に参加。

 蔵で用意していただいた長靴に履き替え、イソジン系の消毒薬につけ、いざ、Go!!

20130323_fushimi_04                    ガラス越しに見える麹室です

20130323_fushimi_05               お米などを投入する穴です 珍しい仕組みです

 
20130323_fushimi_06
 見学は和田さんという蔵人さんに案内していただきました。

 このときは知らなかったのですが、実は、杜氏の旦那さんだったのです。 

 杜氏さんも少しだけ見ました。

 見学のあと、再びお酒を楽しみました。 女性の杜氏さんらしい、優しい味わいのお酒でした。

 さて、 この後はちょっとした伏見ウォーク。

 風情ある、蔵の景色を楽しみます。


 

20130323_fushimi_07                       玉乃光酒造さん
                

20130323_fushimi_08                        松本酒造さん


 
 そして、斉藤酒造さん、山本本家さんを尋ね、かなり千鳥っこになってしまい。川風に当たるべく運河沿いを散策。

 時、おりしも、春爛漫。 

20130323_fushimi_09

20130323_fushimi_10

20130323_fushimi_11

20130323_fushimi_12

 こうして、 ことしの伏見の酒祭りも終わったのでした。

 今日はいい一日でした。

20130323_fushimi_13

2013年3月10日 (日)

ホームステイで雛祭り

 徳島のElli母が入院し、週末お見舞いとんぼ返り帰省から戻り、ほっと一息ついたその夜、急なホームステイの依頼がありました

 何でも、京都市内に留学中の学生さんを周辺自治体の一般家庭で一泊だけ受け入れて、生活体験してもらおう、というもの。

 その昔、デンマーク留学中に現地で世話好きな方のご家庭にお世話になり、何らかの形で自分も、と思ったElli。何年か前に自治体の国際交流ボランティアに登録して、その後なんの音沙汰もなく、ほとんど忘れかけていました。それが、Takaの連続休日出勤やら、Elli親元の入院やらでバタバタしている絶妙のタイミングでの依頼。どうしようかと迷いましたが、先方は直前で受け入れ先が足らずに困っている様子。何より、こんな時こそ積極的な姿勢で前向きな気持ちを新たにしたいと、思い切って引き受けることにしました。

 我が家に来てくれたのは、ウクライナと中国からの学生さん。とっても可愛らしい女性2人。9日土曜日の夕方、自治体海外交流団体の方といっしょにタクシーで到着。来日以来ずっと日本語学校で学んでいて、日本の一般家庭に入るのは初めてとかで、家の中を案内すると、部屋の様子とかベランダからの景色とか、パシャパシャと写真を撮っています。なんか、これだけでも来てもらって良かったのかな?と思えます。日本語も全く不自由なく、こちらが英語を使っても、日本語で返してくれるほど。

 夕食は冬の定番、お鍋を初体験してもらって、寝室は(和室でなくて申し訳なかったのですが)、洋室にマットレスと布団を直に敷き、行燈風ランプでちょっとだけ和風演出。2人ともぐっすり眠れたようで、安心

 2日目、10日日曜日の行動は朝から夕方までホストファミリーに任されています。Takaは今日も悲しい休日出勤のため、2人の遠来のお客様とTaka母様とElliで、年代も文化も違えど女性4人、大和郡山の「大和な雛まつり」に出かけて見ました。徳島県勝浦町から全国に広まった、雛人形を町家や展示館で飾る催しです。お天気は、あいにくの曇り空。今にも雨が降り出しそう。


20130310_homestay_01 近鉄郡山駅で散策地図をもらって、まず駅前商店街へ。

 何軒かのお店で、家族で大切にされてきた段飾りを披露しています。そのうちの一軒で見所を教えてもらい、優先して回ることに。

 まず、旧川本邸へ。この辺りは洞泉寺町と呼ばれ、往時の花街。

 窓の細い格子も瀟洒な2階建て、中には3階建ての、粋を凝らした古い木造家屋が並んでいます。

 旧川本邸も3階建ての元遊郭。大正期に建てられ、平成11年まで人が暮らしていたそうです。

 趣のある一室一室に、様々な形式の雛人形が飾られています。傍には、盆梅も。階段雛も風情があり、よい雰囲気。


20130310_homestay_02
20130310_homestay_03

 旧川本邸から少し歩くと、源九郎稲荷神社。歌舞伎で有名な源九郎狐が祀られています。

20130310_homestay_04

 境内の案内所には、市川猿之助や中村勘太郎の写真が。舞台で演じることになり、お忍びでお詣りに来たとか。


20130310_homestay_05 神社から北へ少し上がって、紺屋町へ。

 去年の冬「酒蔵みてある記」で、掘割のある通りに心惹かれながら、ルートでないため横眼で通り過ぎた所。

 掘割の前に佇む、箱本館紺屋に入ってみました。 紺屋町は、藍染の染め物屋や問屋が集まっていた通り。

 阿波から吉野川流域の藍を仕入れ、城下に商っていました。それにちなんで、藍染の技術、道具を紹介しています。座敷には華やかな御殿雛、藍染で作った金魚の飾りも賑やかでユーモラス。

20130310_homestay_06

 時間は、お昼過ぎ。雨脚が激しくなってきたので、郡山から電車で奈良へ。奈良公園の釜飯屋「志津香」へ。炊き上がりまで待ち時間が長い分(座敷に座るまでも長いですが)、暖かい所でゆっくり出来ます。味の方も好評で、一安心。

 釜飯屋を出ると、もう3時前。雨は上がりましたが、肌寒いし、屋内がいいかな?と、興福寺の国宝館へ。「日本で一番の美少年ですよ」と、阿修羅像を紹介。お眼鏡にかなったかどうかは分かりませんが、所狭しと並ぶ仏像群を前に、「よく似た仏像、中国でも見ました。」「この仏様は、インドでは何の神様?」など、ワイワイ話を弾ませているうちに、閉館時間となりました。

 この後は近鉄奈良駅まで戻り、近鉄京都線の同じ列車に乗り込んで、京都市内まで帰る2人より、我々が先に下車、という形で、お別れ。初めてのホストファミリー体験、最初はドキドキでしたが、とっても楽しかった2日間でした

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »