« 正曆寺 菩提酛清酒祭 | トップページ | 酒蔵みてある記 春日の道と豊澤酒造 »

2013年1月19日 (土)

酒蔵みてある記 山鶴 中本酒造

 近鉄主催のハイキング「酒蔵みてある記」

 今シーズン 2回目にございます。

 本日は、生駒にある中本酒造さん。 年間造量、五百石と小さい蔵ですが、全量純米酒の酒造りをされている蔵本さんです。 今日は天気もいいし、うずたかく積もったお仕事のことは考えないことにして、いざ、酒蔵へ。

20130119_yamatsuru_01

 出発地点は、学研奈良登美ヶ丘駅です。 酒蔵軍団はすでに出発を始めています。少し遅れて入ったので、恐怖の行列に出くわすこともなく、出発番号703番目の出発です。

 ということは、すでに700人以上の大群が先行しているわけですな。

 てくてくと、まずは、素蘆鳴神社 へ。

20130119_yamatsuru_02
 
 ところで、素蘆鳴神社 なんて読むかわかりますか?

 お恥ずかしながら、 Taka は分かりませんでした。 “すさのお神社” なんです。 神話のスサノオの命 の すさのお ですね。 どうです。 少しは、お勉強になりました?

 青空の下、気持ちのいいハイキング道です。

20130119_yamatsuru_03

 そうこうしている内に、休憩スポット 高山竹林公園に。 高山は茶筅の里と呼ばれており、なんと、日本の茶筅の90%以上が、この地で作られているそうです。公園に入るとこんな風景が。

20130119_yamatsuru_04

 これは、油抜きをした竹を天日干ししているところで、高山地区の風物詩になっているそうです。

20130119_yamatsuru_05 
 気持ちのよい、きれいに整備された公園でした。

 しかし、日本の茶筅の90%を生産するというこの高山。というか、茶筅って、いったい、毎年、どれだけの需要があるのか興味がわきました。

 茶の湯のことはよく知りませんが、茶筅って、どれくらいで消耗するのでしょうか。ベタ庶民の我々にとっては、茶の湯をたしなんでおられる方がどれだけおられるのかも分かりませぬ故、謎が深まるばかり。
 
 

 お昼ご飯を食べた後は、後半の歩きです。

 後半戦のスポットは、 真言宗の長弓寺という立派なお寺です。

 奈良時代に息子の流れ矢に当たって死んだ豪族・真弓長弓(まゆみたけゆみ)を悼んで聖武天皇が行基に開かせたといういわれのあるお寺です。

20130119_yamatsuru_06

 
 長弓寺を出ると、目的地の中本酒造はもうすぐそばです。

20130119_yamatsuru_07 そして、到着。

 本日の参加者は817名です。 我々の出発番号が703番でしたので、本当に後発組だったみたいです。

 ガラガラ抽選は、残念ながらハズレ。

 昨年と同様に、甘酒を頂いて、試飲会場へ。今年の新酒を3種類頂きました。 山鶴は、もともと辛口のキレの良い酒質を目指しておられますが、やはり、新酒は、少し固い感じがしました。 でも、少し、眠らすと美味しくなりそう。 

 ということで、このお酒を買いました。

20130119_yamatsuru_08
 このお酒は試飲したものではなかったのですが、秋ころに美味しくなりそうと思いました。

« 正曆寺 菩提酛清酒祭 | トップページ | 酒蔵みてある記 春日の道と豊澤酒造 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒蔵みてある記 山鶴 中本酒造:

« 正曆寺 菩提酛清酒祭 | トップページ | 酒蔵みてある記 春日の道と豊澤酒造 »