« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

十年に一度と言われる京都の紅葉を愛でる

 十年に一度と言われる紅葉の当たり年。 昨日に引き続き、京都に繰り出しました。

 実は、今日は、 Taka母が「命輝け第九コンサートの会」主催の第九コンサートに出るので、それを聴きに京都に出ることもあり、午前中を紅葉狩りに当てようと言うわけです。 ですが、何しろ、今年の紅葉は、どこに行っても “凄い” “Wonderful !!” “Wunderbar”  となどと叫ばれておりますので、晴天の日曜日の京都。。。 想像するに余りある恐ろしい光景が繰り広げられる訳です。 人混み恐怖症の Taka にとっては
 

 と言うことで、選んだのは、嵯峨嵐山は宝厳院。 知る人ぞ知る紅葉の名所なのですが、知る人ぞ知るというだけあって、知っている人しか来ない穴場なのです。 それでも、知っている人は来るので、できるだけ朝早くから行動開始。

 しかし、甘うございました。 考えることは誰しも同じ。 JR京都駅はすでに人でごった返しています。 ましてや、嵯峨嵐山へ向かう嵯峨野線の電車は通勤電車状態。 そして、その人たちは、やんぬるかな、みんな嵯峨嵐山で下車。 すでに疲れ切って戦意喪失の Taka を叱咤激励しつつ Elli が引っ張っていきます。
 

 宝厳院も行列が・・・ それでも、まだすんなり入れた方。。。

 確かに、入れば、「これは、人来るは・・・」という世界が広がっています。 もう言葉は無意味ですので写真をご覧あれ。

20121125_hogoin_01 
                      獅子岩越しに見える紅葉

20121125_hogoin_02                     獅子岩の周りの落葉も美しい

20121125_hogoin_03                         立派な木々達

20121125_hogoin_04                        緑を見るとほっとします

20121125_hogoin_05                華やかな中にもなんとなくもの悲しい秋の風景

20121125_hogoin_06                        水面に映る紅葉


 

20121125_hogoin_07
 庭の茶園で抹茶をいただきほっこり。

 緋毛氈に抹茶の緑が目にも鮮やかで美味しそう。
 
 

 
 今日は、本当に天気も良く気持ちのいい日和です。



 

 さて、たっぷりと紅葉を楽しみ、宝厳院を後に、名残惜しく振り返ると・・・

20121125_hogoin_08
 陽光を受けて光り輝く紅葉でした。

 まだ時間があったので、少し嵐山を散策。 保津川の色も輝いています。

20121125_hogoin_09

 確かに、川風に磨き上げられた嵐山の紅葉は凄いです。 人がわんさと押し寄せるのも仕方ないですね。

20121125_hogoin_10

 この後、 Taka母のコンサートを聴き、 Taka姉らと待ち合わせて、京都タワーそばの接方来で宴会。

 これで、今年の紅葉もお・し・ま・い

20121125_hogoin_11

2012年11月24日 (土)

坂本・日吉大社紅葉散歩とチーフタンズ演奏会

 本日は夕方から滋賀県びわ湖ホールにて、チーフタンズのコンサート

20121124_hiyoshi_01

 10年ちょっと前から、来日のたびに足を運んで、今回で3度目。折しも、秋の三連休。京都や滋賀の紅葉が美しくなる時期。せっかくなので、日中、大津に近い日吉大社の紅葉を見に行くことにしました。今年の紅葉前線は、かなり駆け足。先週にはもう見頃を迎えたようですが、はてさて・・・?

 10時過ぎに家を出て、昼前に坂本に到着。坂本は、比叡山延暦寺への参道の起点。穴太積みの立派な石垣に囲まれて、里坊と呼ばれる寺院や屋敷が並んでいます。

20121124_hiyoshi_02


 
20121124_hiyoshi_03 威厳と風格のある町並み。まずは、お腹に何か入れるべく、以前、延暦寺で食べて美味しかった鶴㐂蕎麦へ。


         と ・ こ ・ ろ ・ が ・・・

付近にお店が少ないこともあり、行列

 30分近く待って入った店は、年季の入った座敷から坪庭が見え、老舗らしい風情。お蕎麦は、蕎麦の香ばしい風味とツナギの滑らかさ、どちらもバランスよく生きた、待った甲斐ある味でした。

 20121124_hiyoshi_04
 いよいよ日吉大社へ。

 鳥居をくぐってすぐ、せせらぎに石造りの橋がかかり、その先で山王鳥居という三角形が独特の鳥居を囲むように、楓が紅葉の回廊を作っています。

 広い境内に3000本と言われるもみじは、この付近が一番多いよう。



20121124_hiyoshi_05
20121124_hiyoshi_06

 日吉大社には、西本宮、東本宮の2つの本宮が有り、国宝の西本宮本殿から、順番にお社を巡って行きます。東西両本宮の間にも、宇佐宮、白山宮、樹下宮と、500年前に建立された古色蒼然とした社が、点在しています。

20121124_hiyoshi_07

 三王祭の神輿の収蔵庫も。東本宮では、国宝の本殿は残念ながら修復中でしたが、銀杏の黄葉が見事で、青空に映えていました。

20121124_hiyoshi_08

 旧竹林院へ。里坊の1つで、日吉大社の奥宮が鎮座する八王子山を借景にした、庭園が見事。

20121124_hiyoshi_09

20121124_hiyoshi_10

 里坊とは、延暦寺の僧侶が晩年、気候の厳しい比叡山を降りて、里に構えた、いわば隠居用のお寺。紅葉は終盤に入っていましたが、築山の麓に巡らせた水の流れに、木々の色が映り込み、雅びでした。

 穴太積みの石垣が迫る道を通って、滋賀院門跡へ。

20121124_hiyoshi_11

 坂本の里坊の中でも最も格式が高く、1615年に天海僧正が建立して以来、幕末まで天台座主となった皇族方が暮らしていた所。天台宗事務局も敷地内にあります。見所の一つ、小堀遠州の石庭は大ぶりな岩を用い、戦国の世らしい剛毅さ。

20121124_hiyoshi_12

 こちらの案内の方の説明が、大変上手で分かりやすく、思わず聞き入ってしまいます。例えば、「穴太衆積み」の「穴太(あのう)衆」とは、この近くにある穴太村の人たちで、石積みの技術を代々伝えていたため、安土城の石垣を任されたのを最初に、戦国から江戸に掛けて日本各地で城郭の石垣を築いたそうです。他にも、里坊の解説や、皇室と関わりの深い寺院の築地塀に見られる白線が多いほど格式が高いことなど、勉強になりました。

20121124_hiyoshi_13
 石段を上がって、慈眼堂へ。江戸期の歴代天台座主の墓所。

20121124_hiyoshi_14
20121124_hiyoshi_15

 天海僧正を祀る廟に守られ、境内は、今日一番の美しさを見せる紅葉の天蓋の下、ひっそりと鎮まっていました。

 坂本散策を堪能して、京阪電車で琵琶湖ホールへ。昼の日本史的世界からは一転、アイリッシュ音楽の夕べ。チーフタンズは、オリジナルメンバー3人に、フィドルの2人とアイリッシュ・ハープが加わって、結成当初と同じ編成に。音色も、チーフタンズ独特の、郷愁あふれる音色そのもの。アイリッシュ・ダンスの名手、キャラ・バトラーさんの足捌きも、圧巻。 東京のバグパイプ楽団の客演も(チーフタンズと演奏なんて、なんて贅沢な機会♪)。

 最後のアンコールでは曲に合わせて、客席から通路近くの客が手をつないで舞台まで躍り出て、演奏者と客席が温かな一体感のうちに幕を閉じました。チーフタンズの演奏会では恒例のこの締めくくり、今回はTakaとElliも通路側の席だったため、チーフタンズと同じ舞台に立つ幸運を得ました

20121124_hiyoshi_16
 比叡山麓の歴史から、アイリッシュの心温まる音楽まで贅沢に味わった、秋の一日でした。

20121124_hiyoshi_17

2012年11月18日 (日)

紅葉の酬恩庵一休寺

 紅葉前線に染まりつつある京都・奈良一帯。京都と奈良の中間に、一休寺という、その名の通り一休禅師ゆかりのお寺があり、紅葉の名所となっています。うちからは、割と近く。そろそろ見頃というので、日曜の昼下がり、ぶらりと訪れて見ました。

20121118_ikkyuji_02

 駐車場に車を停め、総門の前に立つと、石畳の上を紅葉の廻廊が延びています。まだまだ青葉が目に付くものの、木によってはよく色付いています。朱から橙の階調に染まる、滝のように枝垂れた枝も。

20121118_ikkyuji_01

 入山料を払って、境内へ。方丈に上がると、石庭が見渡せます。先ほどの紅葉の並木が、今度は石庭の塀越しに見え、彩りを添えます。

20121118_ikkyuji_03

 見事な趣向

 木立の下から見上げると青葉が多かったのですが、離れて眺めると、ほどよく紅く染まっています。日当たりの良い所から、色付くのでしょう。石の白と楓の紅のコントラストが綺麗です。


 天気予報では徐々に晴れてくるはずが、なかなか雲が去りません。遠くの空は、青いのに・・・ どうやら、裏山から流れてくる雲の通り道になっているよう。


20121118_ikkyuji_04 少し肌寒いので、庫裏にて善哉を頼んでみました。

 寺納豆が、付いています。寺納豆は、このお寺で一休禅師の考案したのが始まりとか。

 色んなことをされた方なのですね。普段食べる納豆と違い、糸も引かず塩辛く、善哉との味馴染みは、塩昆布より好い感じです。

 庫裏を出て、さらに境内の奥へ。檜皮葺の門から本堂へ見通す紅葉や、開山堂と紅葉など、絵になります。

 しばし、一休寺の紅葉をご覧下さい。

20121118_ikkyuji_05
20121118_ikkyuji_06

20121118_ikkyuji_07

20121118_ikkyuji_08
 参道に戻ると、拝観受付の手前に菊の御紋入りの門扉があって、立札に「宗純王墓」とあります。

20121118_ikkyuji_09

 後小松天皇の親王だった一休禅師の墓所。立ち入りが禁じられているため、門の透かし模様から覗き込むと、丹念に掃き清められた枯山水の庭に霊廟があり、静粛さが漂っています。

 気付けば、もう夕刻。こぢんまりとしながら、参道、庭園、本堂のある区域、どこを取ってもそれぞれに趣向があって見飽きません。心落ち着けるため、ついつい長居してしまいます。新緑の頃も美しいのでしょう。

 心地よい、秋の古刹でした。

20121118_ikkyuji_10

2012年11月11日 (日)

ベルリンに行った話~実は、太宰府

 福岡に美術展を訪ねる旅の2日目。いよいよこの旅の最大の目的、ベルリンから来たフェルメールと対面です。

 会場は、太宰府の九州国立博物館。西鉄で、太宰府散策きっぷを購入し、いざ、出発です。

20121111_dazaifu_01
 西鉄・・・  普通電車なのに外観が、やけにゴージャスですぅ。


 今日は、あいにくの曇り空。時折、小雨がパラつきます。 太宰府駅から、まだ静かな天満宮門前町を抜け、歩くこと10分で国立博物館に到着。2005年開館の、国内で一番新しい国立博物館です。

20121111_dazaifu_02

 勾配を生かした、公園のように緑豊かな道を登っていくと、大きなガラス張りの建物が、姿を現します。

20121111_dazaifu_03

 開場前でも、すでに行列。やはりフェルメールの人気は高い

 エントランスホールに入ると、中央階段脇の博多祇園山笠の飾り山が、賑やかな姿で出迎えてくれます。

20121111_dazaifu_04

 今回の特別展『ベルリン国立美術館展』。その名の通り、ベルリン国立美術館所蔵の107作品が展示されています。

20121111_dazaifu_05

 イタリアやフランスの作品だけでなく、彫刻のリーメンシュナイダーや、絵画のクラハッハなど、ドイツ美術を代表する作家の名品も。

 クラナッハ作『ルクレティア』。固いまでに鋭い人物造形に、緊迫した精神がみなぎります。世界史の教科書に登場するルターの厳格な肖像画も、クラナッハの作品。実物を見られたのは、貴重な体験

 我々をここまで呼び寄せた、フェルメールの『真珠の首飾りの少女』。壁面にあふれる白い光の中、柔らかな黄色のドレスをまとった少女が、穏やかな横顔で首飾りを手に、光の降り注ぐ窓の方へと眼差しを向けています。たおやかで、優美な一枚。フェルメールの作品の中でも和やかで、親しみやすい美しさを湛えています。

 特別展の次は、常設展。古代から大陸と日本列島の窓口だった九州の歴史と文化を紹介しています。市立博物館より、もう一つ分かりやすい展示。印象に残った文物を2,3記すと、室町時代、筑前で造られ、珍重されていた茶道具の芦屋釜。「楓流水 鶏 図真形釜」は、いぶし銀のように渋い一品。  近世ヨーロッパの優美な聖母子像を、日本の豪華な蒔絵で飾った「花鳥蒔絵螺鈿聖龕」。南蛮交易の華やかさを伝えています。古事記完成1300年記念ということで、本居宣長自筆『古事記伝』もあり、常設だけでも充実していました。

 博物館を出ると、1時過ぎ。「虹のトンネル」という専用通路で太宰府天満宮へ出て、境内を通り抜け、参道へ。

20121111_dazaifu_06 太宰府散策切符には喫茶券が付いていて、「茶房・民芸 かさの家」で、梅ヶ枝餅と抹茶のセットを食べることができます。

 民芸風の調度に囲まれた小部屋で、心安まります


 小腹を満たして、太宰府天満宮に参詣。七五三参りの家族の姿も。太宰府といえば梅ですが、この季節、「菊花展」が開かれ、手塩にかけた立派な菊が幾列も並んでいます。

20121111_dazaifu_07

 それでは、太宰府の境内をご紹介します。


20121111_dazaifu_08_2           天満宮と言えばお牛様。参拝客に頭をなでられすぎて光っています。    

20121111_dazaifu_09                         立派な社殿

20121111_dazaifu_10                      これが、かの 飛梅 です


20121111_dazaifu_11 境内を一巡して、またもや小腹が空いたので、本殿奥の北神園へ。

 色づきの進んだ紅葉を愛でながら、一番奥まった所にある「お石茶屋」へ。白い皮の、芳ばしく、もちもち柔らかな食感に、ほどよい甘さの餡。あまりの美味しさに持ち帰りを頼みましたが、この焼きたての味は、きっと店内でしか味わえないのでしょう。

 この秋の紅葉は駆け足なのか、太宰府天満宮の楓も、もうかなり色付いています。朝、九州国博への途中にあった紅葉の名称、光明禅寺へ行って見ました。端正な石庭の、白い石と明るい緑の苔の対比の上を、緑から橙、朱まで七色の紅葉が覆っています。飽かずに眺め入ります。

20121111_dazaifu_12

 折り悪く、時雨が降ってきました。雨に濡れ、鮮やかさを増す苔と紅葉の色。ついつい見入ってしまいますが、今日のうちに関西まで帰る身。濡れそぼる紅葉寺を後にし、太宰府を立ちました。

 福岡に戻ると、Takaが酒屋に行きたいと言い出します。何でも、この辺りの有名な地酒を買いたいのだそう。天神からとぼとぼ歩くこと15分、お目当ての店に着いたものの、対応も品揃えも今一つで、空振り。そのまま歩いて、博多駅に。途中、静かなビル街の中に、鎮守の杜のこんもりした緑と鳥居が、忽然と現れます。住吉神社。1800年の歴史を誇り、日本各地にある住吉神社の中でも最も古く、本殿は国の重文。小ぢんまりしながらも、閑かな緑の中、美しい佇まい

 福岡の街を歩くと、小規模ながら、このような由緒ある神社に行き当たります。歴史の蓄積を感じさます。

 博多駅の地下で、夕食に鶏弁当(大分名産ですが)を買って、新幹線に乗り込みました。福岡の文化と歴史と食に恐れ入った2日間でした

20121111_dazaifu_13

2012年11月10日 (土)

エジプトに行った話~実は、福岡

 文化の日が、期せずして仕事と食の日になった先週。今週こそ文化的に過ごそうと、美術館に出かけることにしました。「芸術の秋」は、日本各地で美術展がたけなわ。なかでも、フェルメールの展覧会は、ぜひとも観たいところ。

 この秋は、神戸と福岡にフェルメールの絵が来ています。このうち福岡に来ている作品は、東京と九州だけでヨーロッパはベルリンに戻ってゆきます。東京も福岡も遠いけど、ベルリンはさらに遥か・・・ ここは一念発起、福岡まで観に行くことにしました。

 ついでに九州周遊旅行でも出来れば理想ですが、先月東北と信州に1週間を費やした我々。時間も資力も倹約モード 土日だけで、どうやって行こうかと新幹線やらピーチアビエーションやら検討していると、Takaが「飛行機は嫌っ 新幹線も早割はもう発売期限過ぎてるし、宿も入れるとお高いし。高速日帰り、これより経済的なものはない」とのたまいます・・・いくら助手席で寝ている、もとい座っているだけのElliも、さすがにこれは全力で避けたい 

 全力でネットを徘徊すると、新幹線と宿のセットで、2万弱で収まるプランを発見。Takaに見せると、やはり運転片道5時間もの日帰りは負担だったのでしょう。即、予約を入れました。

 そして、当日。新大阪駅に行くと、九州新幹線の「さくら」が停まっています。ネットで見た、九州新幹線開通の幻のCMが頭に浮かんできます。いつか、乗りたいな~。我々は、8時21分発ののぞみで出発。これまで車で何時間もかけて、大阪から中国地方を越えて九州まで辿り着いていた道のりが、2時間でなんだかあっという間。あっけなく、しかし快適に博多駅に到着です。

 駅を出て、中洲のホテルに荷物を預け、そのまま福岡見物を兼ねて、昼食にと調べていたラーメン屋まで歩きます。途中、川沿いの天神中央公園や、天神の繁華街を抜けます。公園には旧中央公会堂貴賓館という洋館があったり、アクロス福岡という、階段上になった壁面が一面に緑化された会議場やホールの入ったビルがあったり、文化的かつ先進的。天神周辺は、垢抜けたデパートや高級ブランド専門店の入ったアーケードが連なり、とっても華やか。天神から警固という地区に出ると、これまた大きな道にお洒落なブティックやレストランが続いています。なんか、大阪よりお洒落?

 お目当てのお店、秀ちゃんラーメンに着くと、私たちの次で満席になり、ギリギリセーフラーメンは、豚骨の旨味たっぷりなのに、口当たりはすっきり、細い麺は腰(?)があるのに、すべすべ滑らか。ラーメンとは、かくも洗練された食べ物だったのでしょうか。餃子も香ばしく美味 福岡の食のレベルを思い知りました.

 欅並木が色付き始めた、文字通り「欅通り」を歩き、福岡城跡へ。一帯は、大濠公園として整備され、日本庭園や福岡市立美術館があります。緑豊かな公園をゆっくり散歩するのもいいですが、曇りがちのお天気。 それなら、今回の旅のテーマ、芸術の秋を極めようと、福岡市立美術館で開催中の「大英博物館 古代エジプト展」(芸術と言うより、歴史)を見聞することにしました。

20121110_fukuoka_01

 大英博物館が誇るエジプト関連の戦利品、もとい収蔵品から、世界最長の37mにも及ぶ「グリーンフィールド・パピルス」をはじめ、古代エジプトの死生観を表した「死者の書」の他、棺、ミイラ、護符、装身具などの副葬品が来日し、古代エジプトの死後の世界が一通り理解できるようになっています。

 中心となるパピルスの絵巻「死者の書」は、亡くなった人が死後の世界に入り、数々の難所と関門を乗り越え、無事天国へ辿り着くまでの指南書。襲いくるワニや蛇を追い払う呪文や、神の館で受ける最後の審判の手順などが書かれています。

 人面に鳥の体をした死者の魂や、鳥や動物の頭をした神様も楽しいですが、何より面白いのは、「罪の否定告白」を、それを乗り切るための呪文。最後の審判で死者は神々の前で、罪の告白ならぬ、「罪の否定告白」をします。生前に犯してはならない罪が42種類あり、その全てを犯していないことを神の前で告げます。

 曰く、「盗みをしなかったこと」(買い置きしたお菓子の盗み食いもだめ?)「人をだまさなかったこと」(嘘も方便は通用しない?)「悪口を言わなかったこと」(姑などの・・・以下略)」 ここで嘘の告白をしても、心臓を天秤にかけられ、正義の女神の羽根と釣り合わなければ悪事を働いていた証拠となり、アメミトなる怪物に心臓を食べられ、真の終幕となります。う~む、Elliなぞ、かる~く心臓を怪物に食べられて終わりそう

 こんな告白を考えるとは、古代エジプト人はさぞや品行方正、清廉の士と思いきや、続きの展示をみて、仰天 なんと、天秤での心臓計量で心臓が自分を裏切り、不利に働くのを防ぐための呪文があるのです。なんとも人間くさいというか、お茶目というか、人は古今東西皆同じというか。思わずほっとして(?)てしまいます。

 最後の審判をめでたく乗り越え、「イアルの野」の楽園に辿り着いた死者は、農耕に励み、日々を送ります。晴耕雨読 健全で、いいじゃないですか~、と思いきや、古代エジプトの民は、ここでも現世的人間らしさ全開。王様をはじめ、裕福な人は「シャブティ」なる召使いの人形をこしらえて墓に入れ、来世へとお供させ、イアルの野での畑仕事をこれに任せるのでありました・・・ う~む

 人は、時代と場所が変わっても同じ。はるか時空の彼方の人々に、大いに親しみを持てる、愉快な展覧会でした。

 最後にミイラの棺に入ってパチリ  これで、来世は悠々自適?

20121110_fukuoka_02

20121110_fukuoka_03 美術館を出て、公園の真ん中に広々と横たわる大濠池をしばし散策。

 池にかかる橋を歩いて、公園の北側へ。「死者の書」が呼び寄せるのか、曇天のせいか、なぜか烏がいっぱい 時刻は、4時前。暗くなるまでまだ時間があるので、福岡市立博物館に行ってみることにしました。

 地下鉄もありますが、せっかくなので町の様子の分かるバスに乗ってみます。福岡シティループバスという、観光名所を網羅した緑色のバス。車内では沿線の紹介放送が流れ、よく分かります。

 市立博物館も、ガラス張りの立派な作り。

20121110_fukuoka_04
 ここには、「漢倭奴国王」の金印があります。常設展では、古代から現代まで大陸への玄関として栄えた福岡の反映と歴史を語る品が、押し合いへし合いのように並んでいます。閉館まで1時間足らずで、じっくり見られないのが残念。

 所狭しと押し込められた史料と考古遺物のなかで、国宝の金印は専用のガラスケースに一つだけ、大切に展示されていました。それは、思ったよりずっと小さく、長さ一辺2.3cmほど。TakaもElliも教科書の写真で、勝手に4~5cmくらいのものを想像していたので、なおのことしげしげと見入ってしまいます。小さくも、波濤と時間を越えて伝わった金の印は、その威光を語るがごとく重厚な輝きでした。

20121110_fukuoka_05 ホテルに戻り温泉に入ってから、夜は中洲から川を渡ってすぐの天神中央公園脇のめんたい重へ。

 丁寧に、品良く造られた郷土料理はどれも美味。 お昼のラーメンに続いて、福岡の食の水準の高さを実感。店を出て、中洲を少し散策。川沿いに、名物の屋台が並んでいます。小雨でも、威勢の良い呼び声にどこもお客さんでいっぱい。屋台から庶民的なお店、お洒落な高級店まで、この競合が福岡の美食を生むのですね。恐れ入りました。

 食も文化も町の作りも、水準の福岡。その都市力に圧倒された、旅の初日でした。

20121110_fukuoka_06_2
           めんたい重で食した、その名も「明太重」 おいしゅうございました。

 

2012年11月 3日 (土)

日本酒とイタリアンのマリアージュ

 今日は土曜日。

 お休みのはず・・・ ですが、 悲しいかな Taka はお勤めに出ていました。 それでも、仕事在庫が積み増していっているようで、この先、恐ろしいかぎりです。

 まぁ、それはさておき、Takaが宮仕えに励んでいる間に、ひとりぼっちで淋しい Elli を慰めるためにイタリアンディナー と洒落込みました。

 20121103_amrit_01

 春鹿というお酒と、薬師寺のそばにある AMRITさんのイタリアンのマリアージュ。 そして、その場のムードを醸し出すのが華倭里さんの行燈です。 きっと Elli も喜んでくれるでしょう。

 お品書きは、これです。

20121103_amrit_02

20121103_amrit_03 最近、洋食に合う日本酒がよく取りざたされていますが、本当に驚くくらい料理とマッチしていました。

 また、華倭里さんの行燈も素敵でした。

20121103_amrit_04

 忙しい日々の一服の清涼剤でした。

20121103_amrit_05  

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »