« Yuki Kajiura Live vol.#8 "Spring 2012" in Osaka | トップページ | 奈良散策 そして 春鹿寄席 »

2012年4月15日 (日)

背割から伏見へ~桜を愛でる一日

 各地から桜便りが届いているのに、なかなか開かなかった京都奈良の桜。ようやく、満開になりました・・・水・木という、勤労奉仕中のTakaには手も足もでない(?)平日のど真ん中に さらに、土日に雨が降ることが多いこの頃。土曜日は花散らしの雨になり、ようやく日曜日、花見日和のお天気 が巡ってきました。

 丸一日時間があれば、宇陀の又兵衛桜に行くつもりだったのですが、最近、寝ても覚めても日本酒一辺倒のTaka(休肝日はちゃんと設定しております)。 あろうことか、午後に「利き酒セミナー」なるものを予約していたのです。場所は大阪。しかも、夕刻に、「再来週、有志の地酒の会があるから、伏見に出て、お酒を調達したい」などと宣います。その間、Elliは単独自由行動。大阪と伏見、両方に出やすい桜の名所、ということで、昨年と同じく背割の堤に午前中から繰り出すことになりました。

20120415_sakura_01  近鉄から京阪に乗り換えのため、桃山御陵前駅から中書島駅まで伏見の水路沿いを歩きます。

 桜は、予想通り盛りを過ぎていますが、水辺に雪柳、酒蔵との調和が、いつみても風流です。

20120415_sakura_02

 京阪に乗り換えて、背割れへ。昨年は、満開の日に12時頃に着いたため、最寄り駅も桜の堤も人波でごった返していましたが、今年は見頃も終盤の10時過ぎに着いたため、人出も落ち着いています

 ピークを過ぎているとはいえ、一本一本が大きく枝を張ったソメイヨシノが連なる背割れは、並木の中に入ると桜色の枝が幾重にも折り重なり、至極華やか。見頃過ぎを感じさせません。

 木津川の方に、土手を下りてみました。菜の花や、名も知らぬ黄色い小花が、桜と共に咲き乱れ、春爛漫。ひとしきり歩いて、桜の下で竹の子ご飯ときのこおこわのお弁当。のどかな一時です。

 それでは、背割堤の壮麗な桜をご覧下さい。

20120415_sakura_03                       堤を覆い尽くす桜並木

20120415_sakura_04                       降ってくるような桜

20120415_sakura_05                               桜のトンネル

20120415_sakura_06                               モコモコの桜

20120415_sakura_07                             気持ちいい桜並木

20120415_sakura_08                                地面も・・・

20120415_sakura_09                         このー木 何の木 気になる♪

20120415_sakura_10 12時過ぎ、八幡駅からTakaは大阪、Elliは京都市内の東福寺駅へ。

 西国三十三カ所第十五番札所、今熊野観音寺を参詣。頭痛に悩む後白河法皇のため、平清盛が建立したお寺。頭の病平癒や知恵授けの御利益があります。実はElli父、先週、頭に大怪我を負い、入院加療中。後遺症の懸念も。Elliも当面こちらと四国を往復する生活になります。後白河法皇の頭痛を治した逸話に少しでもあやかろうと、祈願に参ったのでした。

 紅葉の名所、東福寺にほど近いこの辺りは、桜より紅葉が美しいところ。すでに新緑を纏い始めた楓の木立の下、朱塗りの橋を渡って境内へ。

 「医聖堂」と呼ばれる多宝塔が、本堂を見下ろしています。

20120415_sakura_11

 絵馬を納め、枕宝布(要するに枕カバー)を買って、森閑とした山内の今熊野西国霊場を一巡り。御利益がありますよう。

 東福寺駅から、再び伏見へ。Takaとの合流時間まで、桜巡りの一時。まずは、御香宮(ごこうのみや)神社へ。小堀遠州作とされる石庭を拝観して、境内を一周。

20120415_sakura_12

 重文の本殿や、名水「後香水」の涌く井戸を、色とりどりの桜が彩ります。特に、「御香水」井戸の周りは、枝垂れと白い山桜が競演し、絢爛でした。

20120415_sakura_13

20120415_sakura_14

20120415_sakura_15 次に、伏見桃山御陵の南端にある乃木神社へ。

 御陵一帯を覆う森の外れに、佇む乃木神社。

 その名の通り、乃木希典を祀っています。中には、日露戦争で乃木が指揮を執った旅順柳樹房第三軍司令部の建物や、長州長府の旧宅などが移築され、「坂の上の雲」読者には、感慨が湧きます。境内には花が絶えず、ソメイヨシノだけでなく、海棠や椿、菊桃が咲き誇っています。

20120415_sakura_16

 再び御陵の杜を抜け、伏見桃山城へ。

20120415_sakura_17

 最近、「へうげもの」という、古田織部を主役に戦国の茶人の世界を描いた漫画にはまっていますが、伏見もその重要な舞台。吉野や醍醐の花見など、華やかな宴を好んだ秀吉にふさわしく、桃山城は今なお数々の桜に彩られ、特に枝垂れが見事でした。

20120415_sakura_18

 その後、大阪でのセミナーを終えたTakaと合流。3月下旬の伏見日本酒まつりで印象的だった小さな酒蔵、藤岡酒造のバー「えん」で、一杯。その後、吟醸酒房「油長」で、斎藤酒造や招徳酒造の純米酒を味見し、セミナーの成果を実践(?)。さすがにこれだけでは、お腹が膨れないので、京都発祥のふわふわお好み焼き「笑い焼」を夕食とし、帰路についたのでした。

20120415_sakura_19

« Yuki Kajiura Live vol.#8 "Spring 2012" in Osaka | トップページ | 奈良散策 そして 春鹿寄席 »

コメント

こんばんは。
お久しぶりです。
美しい桜ですね。
私は今年は花見をし損ねました。

「へうげもの」は去年アニメで見ました。
戦国時代を数寄の世界という視点で描いているのが面白いですね。

ところでお父様のけがは大丈夫ですか?
実家との往復は大変ですね。

お久しぶりです♪
かじさんもいろいろ大変でしたね(涙)。お花見も残念でしたね
今年の桜は花期が短かったし、タイミングが自分の時間のある時と
上手く合うのが難しかったように思います。

「へうげもの」やはりかじさんご覧になられてましたか!
よく知られた時代でも、視点を変えるとこんなに面白いのか!
と思いますね。アニメも友人から録画を貸してもらって少しずつ
見てますが、いいですね。
原作はまだまだ続いているので、これからまだまだ楽しみです。

>ところでお父様のけがは大丈夫ですか?

ありがとうございます。おかげさまで、一山は超えました。
これからまだまだ長期戦でますが、頑張ります!

またメールのほうゆっくり返信させてもらいますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背割から伏見へ~桜を愛でる一日:

« Yuki Kajiura Live vol.#8 "Spring 2012" in Osaka | トップページ | 奈良散策 そして 春鹿寄席 »