« 伏見 温故知酒 | トップページ | Yuki Kajiura Live vol.#8 "Spring 2012" in Osaka »

2012年4月 1日 (日)

賀名生梅林と五條の街並み

 寒さが長引いて、花便りが遅いこの春。昨年訪れて感銘を受けた、賀名生(あのう)梅林がようやく見頃に。心配していたお天気も、どうやらまずまずのよう。大和盆地を南下し、西吉野の山あいまで、今年も行って参りました

 多目的広場に車を止め、口の千本から歩き出します。2万本の梅が山の斜面を埋め尽くす光景は、さながら「梅の吉野山」。吉野の桜山は神域ですが、賀名生の梅林は、暮らしを営む農園。一面の梅の合間に民家が点在し、素朴な山里の風情が加わります。梅は収穫用のため、花色は淡いピンクから白。雲が晴れて青空が広がると、日を受けて花が淡く輝き、まさに見渡す限りの花霞です。

 それでは、賀名生の梅をご覧下さい。

20120401_ano_01

 

20120401_ano_02

20120401_ano_03

20120401_ano_04

20120401_ano_05 

20120401_ano_06

20120401_ano_07   
 昨年は西の千本の入り口でお弁当を食べましたが、今年はお昼時までに梅の里を一周。口の千本の所に、去年はなかったおでん屋さんが出ています。梅を眺めながら、熱々のおでんをふうふぅ。まだ肌寒い春先に、ありがたいです。

20120401_ano_08 時間はまだ12時代。賀名生から丹生川沿いに北に戻り、五條の街に寄ってみました。

 吉野川に沿って東西に通る新町通り。

 旧紀州街道の宿場で、吉野川の水運でも栄えた通りは、江戸時代の家並みを残し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

 通りの東側に集中する、文化財指定を受けた古い家々。

 中でも、重文の栗山家住宅は慶長12年(1607年)の棟札から、日本最古の民家と特定されています。驚くのは、今も家主の方が暮らしておられること。それゆえ、非公開。

20120401_ano_09

20120401_ano_10 代わりに、昭和期の国会議員、木村篤太郎の生家を公開したまちや館、明治から大正にかけての町家を利用したまちなみ伝承館で、内部を伺い知ることが出来ます。

 2軒とも見学して、通りを西へと歩いていくと、大きなコンクリートの橋桁が現れました。五條と新宮を結ぶ五新鉄道の遺構。昭和12年に着工されながら、昭和57年に建設中止となったそうです。実現していたら、十津川や熊野の山を走るのどかな路線となっていたのでしょう。

20120401_ano_11  新町通りを離れ少しばかり歩いて、次は天誅組の史跡巡りへ。幕末、維新回天の先駆けとなった天誅組。

 大阪から紀州街道を通って、五条に入り、代官所を襲いました。当時の代官所長屋門は現在、民俗資料館となり、天誅組の足取りを知ることが出来ます。代官はじめ上役5人を殺害し、代官所を焼き払った天誅組は、桜井寺に本陣を起きます。本堂は新しい鉄筋コンクリートの再建ですが、門前には「天誅組本陣跡」の石碑、境内には代官の首を洗った水盤が残っています。奈良には古代から近世まで、歴史が蓄積していますね。

20120401_ano_12

 この後、Takaの希望で地元の造り酒屋、五條酒造に行ってみましたが、土日は休業。直営店もなさそうで、おそらく個人では見学できないのでしょう。本日の散策は、これにてお終い。花に始まり歴史で終わった、奈良らしい一日でした。

 

20120401_ano_13  

« 伏見 温故知酒 | トップページ | Yuki Kajiura Live vol.#8 "Spring 2012" in Osaka »

コメント

みごとな梅ですねぇ。
山の斜面いっぱいの梅
これだけの眺め、感銘を受けられたのも当然ですね!


でも、梅って。。。
もう少し早い時期に咲きますよね? 2月~3月頭くらいではないでしょうか。
この辺の梅は、もともと遅咲きなのですか?

五條の街並みの様子。。。
この辺りも重要伝統的建造物群保存地区に指定されているのですね。
ほんと、江戸時代の家並みを残す、地味だけど素敵なところですね。

締めくくりの”五條酒造”がお休みだったのが残念。
んっ、個人ではダメなのですか?
団体予約のみというわけですかぁ。

でも、今回もゆっくりじっくり”日帰りの旅”を満喫されたご様子(^^)
私も、ゆっくり自分の時間を楽しめるようになったら
是非行ってみたいと思います。

p.s
まったく関係ない話ですが、昨年末のロシア選手権のソトニコワ選手の演技、ご覧になりました?
まだ演技に硬さがあり、エッジの使い方などまだ未熟なところもありますが、とにかく凄いです!!
浅田選手、今みたいなこと繰り返してたらOPでは表彰台もあぶないですよ!
現時点で、ジャンプは負けてます。3F-3Loコンビと3ルッツは早く完成させないと!
後は経験者としての貫録・落ち着いた魅力のある演技で、引き離すしかないですね。
後にはトゥクタミシェワ選手・リプニツカヤ選手がしのぎを削ってますし。
恐るべしロシア女子シングル!!

ぶるうらぐうんさん、こんにちは
楽しい書き込みありがとうございます

四国の父が緊急入院し、先週ずっと帰省してて、お返事が今日になりました。
これからしばらく徳島と京都を往復になりそうです

賀名生は標高200~500mで、花期は平地より1~2週間は遅いです。
(大阪城公園なんかと比べると、もっと遅い?)
奈良の梅の名所は月ヶ瀬も広橋もみな山間部で、大体同じ時期なんですよ。
人も少なくて、ゆっくりできるので、オススメです
ぜひぜひ訪れてみてくださいね

五條の旧街道の街並みは、小さいけど味わいが詰まってて、
どこかとひっかけて寄るにはいいです。
奈良県には大阪や京都から伊勢や熊野に抜ける旧街道が何筋も通ってて、
知名度はないけど、旧い街並みがよく残っているようです。

ちなみに先のNHK朝ドラ「カーネーション」で名演をみせた尾野真知子さん、
この辺の山奥の一軒家のご出身だそうで、ポスターが貼ってありました。
親しみ沸きます(笑)

酒蔵って、直営店やバーを経営したり、見学・試飲会を催したり、
個人客への広報に積極的な蔵と(そういう蔵でも個人での蔵見学は10名以上で
要予約、というところが多いです)、取引のある酒屋さんや飲食店を大切にして、
直営店は出さず、見学は何かのツアーや販売店の見学会を通して、
という蔵に分かれるんです。

五條酒蔵は、ホームページから後者かな?と予想してたんですが、
ダメ元で行ってみて、やはりダメでした

アデリーナ・ソトニコワ、凄いですね!
ロシアっ娘は、本当に驚異&脅威!でも楽しみ
またそちらにおしゃべりしに行きますね~

Elliさま
今週は山城ですか?
朝食を作りながら
香川の和三盆の番組を見ました。
徳島の和三盆もよく奈良の干菓子に使われていますが
Takaさまのおっしゃっていたように
香川がさらに名高いのですね。

明後日
あのうのさん と今井町に行くことになりました。
かつて今井町にあった黄梅庵という茶室が
堺市博物館に移築されているご縁で…
あのう のような古い町並みを見られそう。

ここでスケートネタに参入させてください。
ソトニコワのブラックスワン、さすがですね!
2012年の世界選手権では
いちばん私の胸を熱くしてくれたのが
汗びっしょりのロミオ、羽生結弦でした。
ぽてっと倒れても立ち上がるいじらしさ…

村主章枝が選考枠に入らなくなって
さびしいですが
鈴木明子にもいつも励まされます。
(ワニのゲーナに目が似てる?)

雨の徒然にお便りいたしました。
お忙しかったらお返事はいいですヨ。

こんにちは♪
讃岐の和三盆、テレビで紹介してたんですね。
讃岐と阿波の食文化、お隣同士で共通点が多いです。

(Snowdropさんが食べた和三盆、
後で見たら徳島産でした。)

今井町はいかがでしたか? 街の規模が大きくて、
街全体が誇り高い雰囲気で、一軒一軒が立派ですよね。

世選の羽生君、すごい気迫で圧倒されましたね!
ソトニコワは、ダイナミックな所作をビシっと決めて、他にない個性♪
彼女にしかできない曲を、どんどん滑って欲しいです。

鈴木あっこさんのハートフルな演技、私も大好きです
きらきら大きな瞳、確かにゲーナに似てますね

新鋭の選手も楽しみだし、いい選手が長く滑ってくれるのも、
どちらもファンには嬉しいですね


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賀名生梅林と五條の街並み:

« 伏見 温故知酒 | トップページ | Yuki Kajiura Live vol.#8 "Spring 2012" in Osaka »