« 背割から伏見へ~桜を愛でる一日 | トップページ | ホームパーティ お酒大好き »

2012年4月28日 (土)

奈良散策 そして 春鹿寄席

 週末です。 しかも、久しぶりにいい天気

 今日は、今年の1月に観た「春鹿寄席」(こちらも見てね)の感激を再び味わうべく奈良に繰り出しました。

 ちょうど奈良の八重桜が満開の頃ということで、少しばかり奈良も散策しました。しかしながら・・・

 なんなのぉー  この 暑さっ

 まだ四月というのに、気軽にお散歩もできなくなってきました。。。 暑さに極度に弱い Taka が挫けそうなのを見た Elli。 これはいけないと思い、ちょうど食事時でもあったので、春日大社の中にある春日荷茶屋へ緊急退避。

 Elliは名物の万葉粥を、すでに暑さで溶けかかっているTakaは、この上に粥を食べて熱を身体に呼び込んでいるElliを不思議な想いで眺めながら、柿の葉寿司と、丸ごと柿シャーベットなるものでクールダウン。 庭園でいただきましたが、風が吹き抜けて気持ち良く、もみじの葉を透けてくる光も綺麗でした。

20120428_harushika_01

 この後、奈良公園内をゆっくりとお散歩。 八重桜の景色をご覧下さい。

20120428_harushika_02                       浮見堂と八重桜

20120428_harushika_03                       色違いの八重桜

20120428_harushika_04                      気持ちのいいコントラスト

20120428_harushika_05 公園では、八重桜の下でお花見もされていました。

 実は、この公園の八重桜。今日行く春鹿さんのお酒にヤエザクラ酵母を使った「奈良の八重桜」というお酒があるのですが、その酵母が採取された場所なのです。 とてもスィーティなお酒で、Elli も大好きなお酒です。

 何でも、奈良女子大学の創立100年を記念して試みられたとのこと。

 奈良公園を後にして、本日の春鹿寄席が開催される今西家書院に向かいました。 少し早く着いて、重要文化財である書院を見学させていただきました。

20120428_harushika_06 今西家書院は室町様式の書院です。至る所にその時代の特徴が出されていました。 特に興味深かったのは、書院の間の天井の梁が床の間に向かってめぐらされているのですが、この様式は床の間が串刺しにされているようで縁起が悪いと言うことで戦国以降では採用されず床の間に平行に張られるようになったとのことです。

折しも、牡丹の花が真っ盛り。書院を美しく彩っていました。

20120428_harushika_07

 お花を眺めながら、喫茶ができます。Takaは「酒粕アイスクリーム」を所望して、再び火照った身体をクールダウン。 出来るだけ酒精の香りを引き出すために、卵を使わないようにするなど色々と試行錯誤の連続だったそうです。 とても美味しいお味でした。

 さて、そうこうするうちに寄席の時間が。。。

20120428_harushika_08

 まずは、主催の純瓶さんの創作落語から、今日の演目は「魚屋の災難」というもの。なんか、今、この場で演目名を決められたみたい。。。

 続いては、笑福亭生寿さん。古典落語の「阿弥陀池」を話されました。

 そして桂三歩さん。昨年に繁盛亭で初めてお話を聴いて、すっかりファンになった方です。本日の演目も、昨年に聴いたものと同じ、師匠にあたる桂三枝さんの創作落語「生まれ変わり」、本日も抱腹絶倒でした。

 トリは再び純瓶さん。今度は古典落語「桜ノ宮」。 様々な声色を駆使されていました。

20120428_harushika_09 目一杯笑った後は、噺家さんを交えての懇親会(もちろんお酒付き)。

 美味しいお酒と楽しいおしゃべりで、お腹も、気持ちも大満足な一日でした。 



20120428_harushika_10
    

« 背割から伏見へ~桜を愛でる一日 | トップページ | ホームパーティ お酒大好き »

コメント

Elliサマ~!
桜づくしの楽しい一日、よかったですね。
笑うと頭や心に良い物質が分泌されるとか。
「桜宮」や「阿弥陀池」がどんな話かいつか教えてください。
snowdropは 桂 文枝 が好きなのですが
手持ちの上方落語全集には未収録で…

メールでは人形浄瑠璃の文雀と混同して
枝雀と書いてしまいました
そのうち野鳥の小雀(コガラ)とも
ごっちゃにしてしまうのでは…
脳の衰えを感じます(^^;)


Snowdropさま、またまたのご訪問ありがとうございます
落語の笑いは、健康的で本当に気持ちがいいです。

「桜宮」「阿弥陀池」、噺家さんの話芸でいきなり聴くほうが、
先に粗筋をなぞるより絶対に面白いと思うので、
どこかでまた聴く機会があるといいですね

落語も聴かれるんですね
文枝さん、四天王の一人だったことは知ってますが、
なにぶん落語は朝ドラ「ちりとてちん」以降に触れたので、
あまり大御所の芸を聴いたことがないんです
どんな芸風かとか、また教えてくださいね~

脳は、Snowdropさんで衰えなら、Elliのなんて終焉してますよ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良散策 そして 春鹿寄席:

« 背割から伏見へ~桜を愛でる一日 | トップページ | ホームパーティ お酒大好き »