« 酒蔵みてある記 喜多酒造に行く | トップページ | 酒蔵みてある記 中本酒蔵に行く »

2012年1月21日 (土)

春鹿寄席

20120121_harushikayose_01 ここのところ、出張続き(実は、次の週も1週間出張なのですぅ)で、少々へたり気味の Taka。 久しぶりに落語を聴きに行ってきました。(もちろん、Elli を、お供につけていますよ)

 春鹿寄席と銘打たれた落語会。

 Taka が大好きなお酒のひとつ「春鹿」を造っておられる酒造会社である、今西清兵衛商店さんの書院で行われ、創作落語を中心とした落語会の後には、出演された噺家さんを交えての交流会(もちろん、お酒付き)が楽しめるという、ちょっとばかし“おつ”な寄席なのです。

 して、その落語会が開かれる書院。室町時代に建てられたもので、現在は「今西家書院」と呼ばれ、国の重要文化財に指定されている由緒ある書院なのです。

 戦前には国宝に指定されていたそうなのですが、江戸時代に改造が行われているとのことで重要文化財とされたそうです。

 書院の門をくぐると・・・

20120121_harushikayose_02

 雨に濡れてしっとりとした風情を醸し出しています。

 部屋に入ると、格式のある高座が準備されていました。

20120121_harushikayose_03

 とてもいい感じです。

 今日の噺家さんは、

   桂福丸さん

   笑福亭瓶吾さん

   笑福亭純瓶さん

 の3名で、笑福亭純瓶さんは、創作落語の他に古典落語を一席打たれます。それでは、皆さんの落語の内容を少しばかし紹介します。

 まずは、二席打たれる笑福亭純瓶さん。 この春鹿寄席の取り仕切り役さんです。 まずは、創作落語。 雄略天皇に侍従した「ちいさこべのすがる」という人物が天井の雷様を呼び寄せ、騒動を巻き起こすという一話。 純瓶さんの軽妙なしゃべり口で雷様の姿を語られるところで爆笑。 それにしても、雄略天皇・・・ 見事な大阪弁が素敵でした。 

 次に、桂福丸さん。なんと、京都大学の法学部を卒業されて噺家になられたという異色の噺家さんです。 貧乏な若者が、家財が無くて殺風景な家の中を、少しでも生活感にあふれたものにしようと絵の上手なご隠居さん(?)に壁に絵を描いてもらい、“あるつもり”の生活を繰り広げるというものでした。 面白いところは、そこに泥棒が入り、物を盗もうとしても手にできない情景を演じられるところでした。

 その次に、笑福亭瓶吾さん。 酒に酔った親父さんと息子の話をされました。圧巻だったところは、息子が酔っぱらって家路についている途中、屋台の饂飩屋に出くわし、饂飩を食べるところでした。瓶吾さんの渾身の酔っぱらいぶりで会場は大爆笑の渦に包まれました。特に、間の取り方が絶妙で、まだ話していないのに、次に出てくる言葉を想像するだけで笑いを我慢できない方が大勢おられました。

 最後に、再び笑福亭純瓶さん。 「宿屋の富」という30分はかかる大作の古典落語で〆られました。 この落語、登場人物の数が半端ではなく、よく、これだけの人を話分けられるなぁと感心しきり。 これも、面白かったのは、富くじの当選番号を読むときの間の取り方でした。 人の心理の妙が伝わってきました。

20120121_harushikayose_04 あっという間の2時間が過ぎ、その後は、蔵元の社長、噺家さんも交えた交流会。

 お酒を飲み、お弁当をつつきながらのお話です。

 我々は、今回が初めてでしたが、皆勤賞という強者の方や、東京から来られた常連さんも多く、とても和やかな場でした。 落語が好きな方ばかりということで、我々にも気さくに話しかけてくださり、とても楽しい一時を過ごすことができました。

 もちろん、次回の春鹿寄席のチケットも その場で Get  してしまいました。

 気分が高まっていたこともあり、帰り際、カラオケボックスに寄り、楽しい一日の仕上げを行いました。

« 酒蔵みてある記 喜多酒造に行く | トップページ | 酒蔵みてある記 中本酒蔵に行く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春鹿寄席:

« 酒蔵みてある記 喜多酒造に行く | トップページ | 酒蔵みてある記 中本酒蔵に行く »