« クリスマス 2011 | トップページ | 年明けて 2012 »

2011年12月27日 (火)

京響 広上さんの第九

 万感の思いがあった2011年。 締めくくりは恒例の第九です。

 今年は、最近、Myブームとなっている広上淳一さんが振る京都市交響楽団です。 Takaはフレックスを利用して、すでにアンニュイモードに突入しかけている会社を抜け出し、京都は北山を目指しました。

 北山で、Elli と合流して、まずは腹拵えに。 最初はハンバーグでも食べようと東洋亭に向かったのですが、あいにくお休み・・・

 そこで進々堂へ。 

 Takaは、窯焼きビーフシチューセット、Elliは、たっぷり野菜とハンバーグのスープカレーセットをいただきました。 このセット、さすが進々堂さんだけあって、パンが食べ放題なので、お腹もいっぱいになりました。

20111227_daiku_01

 今日の演目は、まず最初に、京響楽団員であるフルート奏者の清水さん、ハープ奏者の松村さんによる

  ダマーズ作曲 フルート、ハープ、弦楽のためのデュオ・コンチェルト

があって、第九に移ります。

 1曲目を聴いて最近の京響の実力の高さに納得しました。 特に清水さんは、この後、フルート首席奏者として第九にも出演されるのです。

 そして、第九・・・

 第1楽章から広上さんの渾身のタクトを観ることができました。 そして、そのタクトに合わせて、美しく力強いハーモニーが・・・ 広上さんの熱意が楽団員の方に伝播しているよう・・・ 

 そして、第4楽章。 広上さんのタクトはいよいよ熱を帯びます。ある時には、ティンパニとボクシングの打ち合いをしているようなシーンも。 まさに指揮者と奏者の真剣勝負。

 合唱は、京都市民合唱団と京都市立芸術大学の混成チーム。 素晴らしい歌声がホールを包み込みます。 広上さんも一緒に歌われていました。

 クライマックスでは、オケと合唱が怒濤の如くホールを震わせ、思わず鳥肌が・・・

 いろいろなことがあった2011年ですが、来年はいい年になればと思わずにいられませんでした。

 ところで、京都で第九を聴くのは初めてなのですが、演奏が終わって拍手も鳴りやまぬうちにそそくさと席を立たれていくお客さんが多くいたように感じました。 大阪だと、結構、みなさん最後の最後まで拍手されている方が多いのですが・・・ これって、土地柄でしょうか? 京都の方は、ちょっと淡白? できれば、最後まで余韻を味わって欲しいなぁと思いました。

« クリスマス 2011 | トップページ | 年明けて 2012 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京響 広上さんの第九:

« クリスマス 2011 | トップページ | 年明けて 2012 »