« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月27日 (火)

京響 広上さんの第九

 万感の思いがあった2011年。 締めくくりは恒例の第九です。

 今年は、最近、Myブームとなっている広上淳一さんが振る京都市交響楽団です。 Takaはフレックスを利用して、すでにアンニュイモードに突入しかけている会社を抜け出し、京都は北山を目指しました。

 北山で、Elli と合流して、まずは腹拵えに。 最初はハンバーグでも食べようと東洋亭に向かったのですが、あいにくお休み・・・

 そこで進々堂へ。 

 Takaは、窯焼きビーフシチューセット、Elliは、たっぷり野菜とハンバーグのスープカレーセットをいただきました。 このセット、さすが進々堂さんだけあって、パンが食べ放題なので、お腹もいっぱいになりました。

20111227_daiku_01

 今日の演目は、まず最初に、京響楽団員であるフルート奏者の清水さん、ハープ奏者の松村さんによる

  ダマーズ作曲 フルート、ハープ、弦楽のためのデュオ・コンチェルト

があって、第九に移ります。

 1曲目を聴いて最近の京響の実力の高さに納得しました。 特に清水さんは、この後、フルート首席奏者として第九にも出演されるのです。

 そして、第九・・・

 第1楽章から広上さんの渾身のタクトを観ることができました。 そして、そのタクトに合わせて、美しく力強いハーモニーが・・・ 広上さんの熱意が楽団員の方に伝播しているよう・・・ 

 そして、第4楽章。 広上さんのタクトはいよいよ熱を帯びます。ある時には、ティンパニとボクシングの打ち合いをしているようなシーンも。 まさに指揮者と奏者の真剣勝負。

 合唱は、京都市民合唱団と京都市立芸術大学の混成チーム。 素晴らしい歌声がホールを包み込みます。 広上さんも一緒に歌われていました。

 クライマックスでは、オケと合唱が怒濤の如くホールを震わせ、思わず鳥肌が・・・

 いろいろなことがあった2011年ですが、来年はいい年になればと思わずにいられませんでした。

 ところで、京都で第九を聴くのは初めてなのですが、演奏が終わって拍手も鳴りやまぬうちにそそくさと席を立たれていくお客さんが多くいたように感じました。 大阪だと、結構、みなさん最後の最後まで拍手されている方が多いのですが・・・ これって、土地柄でしょうか? 京都の方は、ちょっと淡白? できれば、最後まで余韻を味わって欲しいなぁと思いました。

2011年12月24日 (土)

クリスマス 2011

 今日は、クリスマス・イブ たけなわの日です。 

 悪夢だった2011年も残すところあとわずか・・・ こんな年でも、我が家と Taka姉家とのクリスマスパーティは行われますのですよ。 Takaとしてはてっきり、今年は自粛するのかと思っていたのですが・・・ たとえ、戦争が始まっても行うのでしょう。

 一昨年の乱痴気騒ぎの反省から一転して、しめやかに行われたのが昨年の「大人のクリスマスパーティ」でした。 (Taka的には反省する謂われはないのですが、Taka姉家の姪っ子らが、単なるおっさん忘年会化したクリスマスパーティに蔑みの視線を送ったことから、まぁ、良識ある大人の反省というやつです。)

 さて、今年はどんなパーティーになるのか・・・

                        普通

でした。 昨年に引き続き 「続、大人のクリスマス」でした。

20111224_xmas_01

 お酒も Taka が持ち込んだワイン2本とシードル1本、そして、その後は、Taka姉家から提供された幾ばくかの焼酎とビールだけでひたすらセーブ。

 まぁ、我々も真の大人になったということでしょうか。

20111224_xmas_02   

2011年12月18日 (日)

Anuna ~アイルランドの聖なる声~

 クリスマスまで、1週間。身を切るような寒さの中、滋賀のびわ湖ホールへ出かけました。アイルランドの混声合唱団、アヌーナを聴くためです。

20111218_anuna_01

 作曲家のマイケル・マクグリンが「古代~中世アイルランドの音楽を蘇らせる」意図で結成し、自ら掘り起こした中世アイルランドの聖歌や俗謡を、現代的に編曲して歌い続ける、少人数の合唱団。家に一枚だけあるCD。かけると、ノンビブラートの澄み切った、秘めやかな和声が広がります。

20111218_anuna_02

 初めて生で聴く、純正調の古楽。楽しみに、JR膳所駅から琵琶湖の畔にあるホールに向かいました。

 少し時間があるので、琵琶湖沿いを散策。湖の奥に、比良の山々が雪を被っています

 12月というのに、もう真冬。

 ホールのカフェで軽くビーフ・サンドをつまみ、場内へ。

 ホワイエに出ると、壁一面のガラス張りから、琵琶湖と比叡比良山系の広々した眺めが目に飛び込んできました。前に来たときは夜で分かりませんでしたが、立地を生かした美しい空間だったんですね

20111218_anuna_03

 席に着き、いよいよ開演。仄暗い舞台には、蝋燭が置かれています。照明が落ち、舞台の真下に、蝋燭を手に黒いマントをまとい女性が現れ、ソプラノの独唱が響き始めました。他の人は?と思っていると、後ろから歌声が響き始め(Taka & Elliは前方左寄りの席)、女性はマント、男性はベストを付け、蝋燭を手にした歌い手が客席の奥や左右から4手に分かれて現れ、清らな歌声と仄かな明かりと共に客席の中を進んでいきます。高い天井の下、客席は四方から湧く厳かな声に包まれ、中世ヨーロッパの空気に満たされます。

 
 総勢12人の歌い手が舞台に揃い、第1部が始まりました。中世の欧州各地の聖歌や俗謡が、美しいハーモニーで歌われます。元々は男声の斉唱だった歌が何声にも別れ、掛け合いや対旋律、様々な歌い方を繰り広げ、聖なる世界を創ってゆきます。男声は、一部ボイスパーカッションやホーミーのような唱法も入れてました。幅広い技巧です

 第2部は、ダニー・ボーイやジングルベルなど、親しみのある曲も取り入れた構成。ジングルベルが、こんなに芸術的になるとは。圧巻はエルサレムという、女声だけで歌われた曲。ヘテロフォニーという唱法で、一つの旋律を一人ずつずらしながら、それも輪唱のように小節単位の区切りのいいところではなく、1~数拍といった僅かなところでずらしながら、重ねていきます。他の人に少し引きずられただけでも狂いをきたしそうな、完璧な音程とリズム感が備わってないと不可能な領域。そこから生まれる、冬の夜の冴え冴えした星々ように透明な、声と声との重なり。清浄な、天国から降り立ったような響き。

 歌の合間には、主催者のマイケル・マクグリンさん自ら通訳付きで解説をしてくれるのも分かりやすく親切。驚いたのは、歌い手12人のうち、男性はバリトン、テノール各3人で半々なのですが、女声はソプラノ5人、メゾは1人だけ。この構成が、安定した低音に支えられた、透明度の高い、かつ深みのある唱和を生み出すのですね。人の声が到る、境地の高み。人という体温と苦悩を持つ存在が、どんな楽器よりも清透な音色を奏でるという不思議。

 琵琶湖ホールの音響は本当に素晴らしく、マイケル・マクグリンさんも讃辞を送っていました。残響1.9秒(大阪のシンフォニー・ホールは残響2秒)で、オペラや合唱など歌向きの設計のようです。オケだけだと、どんな響きになるのでしょう?機会があれば、聴いてみたいです

 至福の歌声の余韻も覚めやらず、コンサートの印象そのままに、京都三条にあるアイリッシュ・パブ「ダブリン」へ。2階テーブル席で落ち着いて、素朴なアイルランド料理とギネスビールを味わいました。家庭的で美味しい料理と、アイルランドから取り寄せた調度品に囲まれて、すっかり異国気分で心地よい一日は過ぎたのでした

20111218_annuna_04

2011年12月15日 (木)

阿波での休日

 この一週間、月曜から金曜までまるまる出張のTaka。Elliの方はその間、例によって徳島に帰省です。滞在中、所用のついでに連日、Elli父のプチ山歩きに同行しました。日ごとに記事を立てるほどでもないので、まとめてのご紹介です。

 

【火曜日・・・日峯(ひのみね)山】
 
20111213_hinomine_01 阿波三峰の一つ。所々紅葉の残る岩がちな道を、歩くこと25分。

20111213_hinomine_02 標高191mの山頂には日峰神社があります。少し歩いた展望公園から見える大神子海岸。白砂と紺碧の海のコントラストが美しそうですが、曇りで残念。(山から降りると晴れてきた

 

【水曜日・・・津峰(つのみね)山】

20111214_tsunomine_01 阿波三峰の一つ。標高284mの山頂にある津峰神社を目指して、昔の参詣道を登ること40分。

 楠や樫の照葉樹が豊かに生い茂り、霊験あらたか。

山頂からは橘湾の眺めが風光明媚。真ん中には、大きな火力発電所の煙突

今日は、おまけに霞んでます。神社の境内には、ニワトリ(烏骨鶏)が何匹も放し飼いに

       
                   何気にいかつい烏骨鶏

20111214_tsunomine_02

 

      
【木曜日・・・四国八十八ヶ所第21番札所 太龍寺】

20111215_tairyuji_01 阿波に3ヶ所ある「遍路転がし」と言われる難所の一つ。

 那賀川にかかる水井橋を渡って少し行った、公道と林道の分岐点からの出発。「四国の道」の道標に沿って、谷底のせせらぎを見下ろしながら林の中の遍路道を歩きます。

 道ばたの木には所々、お遍路さんへの言葉を書いた札が懸かり、励みになります。1時間以上歩いて、ようやく登山口へ。

 「遍路転がし」の名からよほどの急坂を覚悟してましたが、齢70のElli父のペースがゆっくりのため、楽らく~。1時間足らずで、太龍寺山門に着きました。

20111215_tairyuji_02
 「西の高野」と呼ばれる太龍寺は、堂宇も立派。持仏堂、大師堂、本堂と、大きなお堂が三つも並びます。持仏堂には龍の天井画、大師堂と本堂には見事な木彫が施されています。

20111215_tairyuji_03

20111215_tairyuji_04

 残念ながら、本堂は修復中。台風12号で杉の大木が倒れ、天井を突き破ったそうです。(ついでに、付近の那賀川にかかる潜水橋も流されてました。)紀伊半島以外にも広く大きな被害をもたらしていた台風。改めて、その猛威を目の当たりにしました。

20111215_tairyuji_05 おにぎりを食べて、空海が19歳で修行したと言われる舎心ヶ嶽まで足を伸ばすも、空海像の建つ岩場は、鎖に怖じけて断念。

 その後、元来た道を下山。登りに比べると、あっけないくらい短時間で、出発地点まで帰り着いたのでした。

 そういえば、大師堂の手前から、20番札所の鶴林寺が見えました。こちらも杉林に覆われた山頂の山寺。我々は太龍寺山をピストンしただけでしたが、本格的な歩き遍路の場合は、この両寺の間に宿がないため、一日で鶴林寺と太龍寺という、三つの遍路転がしのうち二ヶ所を登り降りせねばなりません。これは、とってもハード それを思うと、申し訳ないくらいに楽な山行きでした。

20111215_tairyuji_06

2011年12月 5日 (月)

紅葉の吉城園

 日光から帰って一週間。12月に入っても、京都奈良は紅葉たけなわ。今年は発色が綺麗で見逃すにはもったいないので、天気の良さげな日曜日に正暦寺に行く予定にしてました。が、Takaの体調不良であえなく自宅休養。ちょっと申し訳なかったのですが、お天気が何とか持ちそうな月曜日、Elli一人でプチ散策です。午前中しか空いてなかったので、行き先は近場の奈良。前から気になっていた、吉城園に出かけました。

 若草山の借景で名高い依水園の隣に、ひっそりと門を構える吉城園。前には、手書きの張り紙がぴらり。曰く、「紅葉、きれいです。あか、きいろ、だいだい」。太マジックの字と、平仮名の色名が、ものの哀れを誘います

 門をくぐると、小高い丘や池が表れ、その奥に小茅葺きの茶室や一面の苔の庭が広がります。

20111205_yoshikien_01

 

20111205_yoshikien_02 

 変化に富んだ造作。四季折々の花も多く、山茶花がそこここに赤い花を付けていています。庭に入った頃は曇っていましたが、途中から日が差し始め、紅葉も建物も立体的に輝き始めました。

20111205_yoshikien_03

 小さな門構えからすると意外な広さを持つ、美しい庭でした。

20111205_yoshikien_04

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »