« 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~2日目 奥日光に遊ぶ~ | トップページ | 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~4日目 東照宮~ »

2011年11月25日 (金)

日光を見ずして結構と言うことなかれ ~3日目 歴史探訪~

 今日も朝ご飯の前に、ホテルの周辺を散策。 目指すのは “霧降の滝” らしいです。

       なんとなく・・・  寒そう

途中、鹿に遭遇したりしながら歩いていくと、関東平野が見渡せるポイントに。

20111125_nikko_01

 気温は殆ど0度ですが清々しい朝です。 ここから霧降の滝はすぐそこです。 ほらっ。

20111125_nikko_02

 残念ながら、滝壺へのルートは危険と言うことで閉鎖されているようでした。 しかし、それにしても身体が芯から冷え込んで来ます。 「寒いから早くもどろ」と言うと、

 Elli 曰く、パッチはけば? 

 最近、カーネーションというNHKの朝の連続テレビ小説にご執心で、ご執心はよいのですが、お言葉が、かなり感化されているようであらされます。

20111125_nikko_03 まぁ、それはさておき、朝ご飯の時間も迫ってきたので、宿に戻ることに。 宿に戻る途中、綺麗な名残の紅葉を見ることができました。

20111125_nikko_04

 ゆっくりと朝ご飯をいただいて宿を出発しました。

 今日は、昨日とはうって変わって、日光の歴史探訪です。 世界遺産「日光」の一端に触れてみたいと思います。

 そこで、まず目指したのは、大正天皇の静養地として造営された日光田母沢御用邸の記念公園です。殆ど開園時間に行った我々がこの日の最初の訪問者のようで、静かな雰囲気を味わうことができました。

20111125_nikko_05

 現在の皇室のご静養場所は那須などですが当時は日光だったのですね。 この建物は、日光の銀行家である小林氏の別邸に、旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部を移築して造られたものだそうで、内部は絢爛豪華な造りになっています。

20111125_nikko_06                   ビリヤード台です。 風格が違います。

20111125_nikko_07               天皇の執務所です。 Takaもこんな所で仕事してみたいものです。

20111125_nikko_08                 庭から眺めたところです。 3階は皇居を遙拝する場です。

 どこを見ても溜息の出るような作りがなされていました。番外編として Taka が感動したのは、これっ、

20111125_nikko_09

 分電盤です。 素晴らしいの一言につきます。 このレトロチックなレバーが泣かせてくれます。 Takaはこの場に釘付けになったのですが、何故か Elli はこの趣を解せないようでした。 無粋者ですね。

 田母沢御用邸記念公園を後にして、次に向かったのが、いよいよ日光の本丸、寺社群です。

20111125_nikko_11

 最初は輪王寺三仏堂。

              ば、ば、ば、B・・・・u・・・・t ぉ~~~~~

 三仏堂修復中。 修復中 修復中

20111125_nikko_10

 三仏堂を覆う建物に描かれた 絵 を拝ませていただきました。 クスン

 なのですが、この修復で本堂の全容を拝むことはできないものの、三仏堂の内部では、通常よりも、仏様に近い場所から見ることができ、(ただ、あまりにも近くて見上げるような格好ですが・・・) その上、天空回廊と称して修復現場を見学することができるのです。

20111125_nikko_12

 普段は見ることのできない建物の上部をじっくりと観察できるとともに、修復で外されている柱(?)などが間近に見ることができました。 まるでパイプオルガンのように切りそろえられた材木を見ると、当時の高い建築技術を伺い知ることができます。

 まさしく「人間万事塞翁が馬」を実感した Taka でした。

 次に向かったのは、今回の旅のメインイベントである、明日の Elli 友人の結婚式が執り行われる二荒山神社です。

20111125_nikko_13

 杉の巨木が社殿を取り囲むように生い茂り、歴史の重みを感じさせてくれます。

20111125_nikko_14

 明日は、Elli (Taka もおまけとして)は、奥の社殿に堂々の入場を果たすことができるかと思うとワクワクです。

 さて、今日、最後の見学先は徳川家光の墓所でもある輪王寺大猷院です。徳川家光は、家康を心より信奉し、現在の日光東照宮を造営した後、自分の墓所も日光に希望したそうです。 それでは、大猷院の素晴らしい建造物をご覧下さい。

20111125_nikko_15                      絢爛豪華な二天門の天井

20111125_nikko_16                      これでもかの葵の御紋

20111125_nikko_17                  唐門を護る龍 来年は12年に一度の年

20111125_nikko_18                     屋根の作りもダイナミック

 高い杉木立に囲まれたこれらのエリアは、日が暮れるのも早く、大猷院を観た後は、少し散歩して、本日の宿「清晃園」に入りました。

 この日は、お昼ご飯に「油源」さんでゆば定食(とても美味しく「日本人で良かったぁ」と思いました)を食べ、宿でもゆばを含む郷土の料理を食べさせていただき、湯葉づくしの一日でした。

« 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~2日目 奥日光に遊ぶ~ | トップページ | 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~4日目 東照宮~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~3日目 歴史探訪~:

« 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~2日目 奥日光に遊ぶ~ | トップページ | 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~4日目 東照宮~ »