« 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~1日目 いざ日光へ~ | トップページ | 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~3日目 歴史探訪~ »

2011年11月24日 (木)

日光を見ずして結構と言うことなかれ ~2日目 奥日光に遊ぶ~

20111124_nikko_01 気持ちのいい温泉につかったおかげで昨日の大移動の疲れもすっかりとれて清々しいお目覚め。

 窓の外を見ると天気も良さそうです。

 ただ、風を切る音がヒューヒューと聞こえてきて、中禅寺湖の湖面も白波が立ち、寒そうではあります。

 朝食までにはまだ時間があるので、少しホテルの周りを散策しました。

 ホテルを出て振り返ると・・・

20111124_nikko_02

 昨日は雲に隠れて見えなかった男体山の頂がくっきりと見ることができました。その一方で、湖面を見ると・・・

20111124_nikko_03

 大荒れです・・・ 湖の水が激しく岸に打ちつけ、砕け散ったりしてはります。 あまりの寒さに散策もそこそこにホテルに戻り温泉につかって冷えた身体を温めました。 いったい、今日の旅はどうなるのでしょう。

 ともあれ、温泉でひと心地ついて朝食をとったあとホテルをチェックアウトして向かった先は、

 華厳の滝の絶景ポイント

として名高い明智平です。 

20111124_nikko_04

 湖の水が、ちょっと開いた穴から漏れ出しているような不思議な感じのする場所でした。なんでも、この滝は長い年月をかけて、岩肌を削りながら少しずつ湖の方に向かっているとのことでいつかは湖から直接こぼれ落ちることになるのでしょうか。

 視線を右に移動していくと、

20111124_nikko_05

 華厳の滝と男体山とのコラボレーションもまた素敵でした。

 

20111124_nikko_06 明智平を後にして、次は中禅寺湖の展望スポットである半月山展望台へ向かいました。しかし、中禅寺湖畔に戻ったあたりから急に雲行きが怪しくくになってきました。

半月山展望台に行くには、左の写真にあるように、駐車場からちょっとした山登りをしなければなりません。

   あれっ、 天気いいじゃん。

と思われるかも知れませんが、これをずんずんと登っていくと・・・展望台にでるのです。・・・が、

20111124_nikko_07

 こんな感じです。 時折、光が射し込んできますが、中禅寺湖から男体山にかけては、どんよりとした厚い雲に覆われて、早朝のあのくっきり感は微塵もありませんでした。(涙) 展望台では小雪なんかもちらついていました。 きっと、この辺りを境にして関東平野側と大きな天候の差があるようです。

20111124_nikko_08 それでも・・・ 中禅寺湖とそこに突きだした八丁出島(イタリア半島みたいなやつね)、そして、男体山が織りなす見事な景色であることは分かりました。

 特に八丁出島は、写真では葉が落ちている木々が秋になると見事な紅葉を見せてくれるとのことなので、一度是非、秋に訪れたいと思いました。

 しかし、Elli が冷たく宣うには、

     人混みに耐えられればねっ

           

20111124_nikko_09 次に向かったのは、 旧イタリア大使館別荘 です。中禅寺湖半にひっそりと佇んでいます。

 なんでも、明治の頃、イタリアに限らず、欧米人は蒸し暑い東京から脱出してこの地に避暑にきていたそうなのです。 日本の外交官もそれに着いてきていたらしく、「夏の外務省は日光に移る」とまで言われたそうです。 うらやましい限りです。

 それでは、当時の優雅な外交官達の暮らしぶりをかいま見てみましょう。

20111124_nikko_10                        ダイニングです

20111124_nikko_11                        リビングです 

 20111124_nikko_12                    部屋から眺めた船着き場です。 

20111124_nikko_13 この旧イタリア大使館別荘からは、八丁出島が間近に見ることができます。

 右の写真は主寝室の窓からの眺めですが、朝起きれば、まずは八丁出島が目の前に・・・

 きっと、イタリア半島に似た八丁出島を見て、遠い故郷に思いを馳せていたことでしょう。 (って、ホンマ?)  

 旧イタリア大使館別荘を後にして、向かったのは戦場ヶ原です。なんとなく、そっちの方角の上空だけがぽっかりと青空だったので。

 赤沼駐車場に車をおいて軽トレッキングに出ました。 それでは、戦場ヶ原の風景をご覧下さい。

20111124_nikko_14              男体山から大真名子山(長女)、小真名子山(次女)

20111124_nikko_15                   太郎山(長男)も見えてきました

20111124_nikko_16                   湿原を貫く湯川に映り込む男体山

 赤沼に戻った頃には日も傾きかけ、今日の宿に向かうことにしました。途中、湯川の流れが中禅寺湖に流れ込んでいく竜頭の滝を見ました。

 20111124_nikko_17

20111124_nikko_18

 今日の宿は、霧降高原にあるペンション「ポンドテェイル」 いろは坂をゆっくり下って宿に向かいました。奥日光は懐が深くてまた来てみたい地になりました。20111224_nikko_19

« 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~1日目 いざ日光へ~ | トップページ | 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~3日目 歴史探訪~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~1日目 いざ日光へ~ | トップページ | 日光を見ずして結構と言うことなかれ ~3日目 歴史探訪~ »