« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月27日 (日)

賀名生(あのう)の里逍遙

 月ヶ瀬散策から2週間。あの日、月ヶ瀬観光協会曰く7分、素人目には3分の梅は、今こそ満開を迎えた模様。しかし、Takaに再訪の志は毛頭ありません。曰く、「月ヶ瀬チマチマしとるよの。梅林とは、山一面に広がっとるのではないのかの。」「確かに1カ所1カ所はこぢんまりしてるけど、渓谷とか赤い橋とか、景観と梅の取り合わせが絵になるやん。」「そんなことでは、惹かれぬよの。やはり一面に広がってないと。和歌山の南部まで行くかの」
 う~む、どうやらTakaは文人墨客にはなれないようです。いずれにせよ、温暖な紀州、南部の梅はとうの昔に終わっています。Takaのイメージ通りのパノラミックな梅林は、近隣にないのか?奈良交通の観梅バスのチラシを見ると、「賀名生(あのう)」なる地名が載っています。調べてみると、その本数、2万本。月ヶ瀬でも1万本なのに、その2倍。しかも、Takaが敬愛する(?)後醍醐天皇ゆかりの南朝御所があった所。いったいどんな所?開花状況も、月ヶ瀬と同じく、見頃のよう。今日は、こちらを訪ねてみることにしました。

20110327_anou_01
電車からバスの乗り継ぎが不便なため、家から車で向かいます。途中、五条の柿ノ葉寿司店でお弁当を調達、梅林入り口の「口の千本」付近の無料駐車場に車を止めました。

20110327_anou_02  散策の前に、歴史民俗資料館を見学。南朝だけでなく、天誅組にもゆかりがあるのですね。奈良の南部は、胎動する歴史を秘めています。資料館の隣には、南朝の天皇が住まった皇居跡があります。堀増信というこの地の名士の邸宅を、皇居として使ったもので、門構えの中の住居は、予約しないと見学できないのが残念。それもそのはず、今も堀家の子孫の方が暮らしておられるそうです。この地方の歴史の蓄積を感じます。

  いよいよ梅林の散策へ。「一目千本」と呼ばれる辺りから、歩き始めます。広大な山の斜面に、梅の林がうねるように広がっています。まさに、山全体が梅。吉野山の桜を思い出します。折しも、満開。着いたときは空を覆っていた雲も晴れ、青空が広がっています。梅の花霞です。

20110327_anou_03

20110327_anou_04

20110327_anou_05

20110327_anou_06

20110327_anou_07

 梅の波の中に散らばるように、民家が点在しています。賀名生の梅は観賞用ではなく、果実を採るための作物。観梅で歩く道は、この土地の生活道。土産物屋はおろか、茶屋も一軒しか見かけません。ほんものの「梅の里」です。

20110327_anou_08

 見返り千本から東雲千本、奥の千本へと進んだあたりで、東の空に雪を被った山が浮かんでいます。大峰山系、山上ヶ岳と稲村ヶ岳です。

20110327_anou_09

20110327_anou_10 こんなに近くに見えるのですね。主要道(?)から分かれた道の脇で、お弁当を広げ、昼食。甘味など欲しいことよ、と目をこらすと、行く手に「草餅」の幟が立っています。農家の方が、この時期だけ茶屋を出しているようです。自家製の柚子茶は、自然のやさしい風味。茶屋の方が火鉢で香ばしく温めてくれた草餅は、よもぎの味がしっかりしています。
 西の千本と呼ばれるこの辺りは、茶屋の方の話では賀名生梅林で一番眺めのよい所だそう。その話の通り、遠くの空に大峰山をのぞみ、遙か山裾まで梅林の重なる様は、鄙びつつも雄大な空間です。
 西の千本の坂を下り始めると、軽トラックのおじさんが散策ルートに沿って立てられた「梅祭り」の赤い旗を片付けていっているではありませんか。梅祭りは、本日夕刻までのはず。しかも、今はまだ昼過ぎ。これから上ってきている人もいます。何の変哲もない生活道をあるく観梅客にとって、道ばたに並んだ赤い旗は唯一の道しるべなのに、なんという商売っ気のなさ(@_@)。こののどかさが、たまりません。
 口の千本まで降りてくると、道の脇の空き地に、草餅の売店が出ていました。我々が歩き出した頃にはなかったので、お昼前開店でしょうか?あまりメジャーにならず、こののんびり感が、いつまでも続いて欲しい物です。

20110327_anou_11

2011年3月12日 (土)

月ヶ瀬散策

20110312_tsukigase_01 2週間前、佐紀路と奈良公園で春の訪れを告げていた梅。この辺りで、梅と言えば月ヶ瀬。観光協会の情報を見ると、そろそろ見頃を迎えたというので、出かけてみることにしました。ただ、「見頃」とはいえ満開ではなく、あくまで5分から7分という状況。果たして、実態は・・・?

20110312_tsukigase_02  JR月ヶ瀬口から三重交通のバスに乗り換え。月ヶ瀬地域に入ると、名所でない里の中にも梅の林が広がっています。

梅林の入り口、尾山で降り、まずは真帆寺へ。渓谷を見下ろす境内に、枝垂れから紅梅まで、とりどりの梅が咲いています。住職さんらしき方が「七分咲きです。」と見物客に説明していますが、素人目にはまだまだ3~5分咲きに見えます。。。

20110312_tsukigase_03

 土産物屋の建ち並ぶ一目八景から帆浦梅林を抜け、梅の品種園へ。谷合いに五月川の流れを見下ろし、非常に風光明媚です。品種園では、一つの木から紅白両方の華が咲いているような珍しい木も。こちらは早々と咲き誇っていますが、やはり全体としてはまだまだ。人出もまばら・・・

20110312_tsukigase_04                          真紅の梅

20110312_tsukigase_05                    一本の枝から紅白の花が

 折しも東北が大津波に襲われた翌日。我々も家に居てニュースばかり見ていては、ただただ失意に襲われるばかり。それに地域経済のお役にも立たねば、と気持ちを奮い立たせて出てきたのですが、ピークには混雑必死の梅の名所で、この人出は、どうやら世情や時間帯だけでなく、咲き具合も多分に影響しているようで(-_-;;;

20110312_tsukigase_06 眺めの良い散策路を抜けて、天神梅林へ。ここはHPの開花情報で、7分咲き見頃となっている所。他よりは、よくほころんでいます。枝の合間に覗く月ヶ瀬橋の赤いアーチが、絵になります。

 続く鶯谷という風流な名の梅林を通る代官坂は、つづら折りの急な山道。所々で月ヶ瀬橋を眺めながら、下っていきます。橋のたもとに出ると、観光会館がありました。2階の資料館には、富岡鉄斎や谷崎潤一郎の書画の他、変わったところでは東郷平八郎の書などもあり、文人墨客に愛された月ヶ瀬の歴史が分かります。

20110312_tsukigase_07 木立のなかの遊歩道を30分ほど歩いて、八幡橋へ。途中、梅の木々の向こうに茶畑が広がっています。八幡橋は、高山ダムのダム湖、月ヶ瀬湖にかかる長さ100mの吊り橋。穏やかな水面に、噴水が華やかに上がっています。

 

 20110312_tsukigase_08

20110312_tsukigase_09
 20110429_heijyokyo_10a

 橋を渡り、「湖畔の里つきがせ」で、地元の山菜や梅を使ったうどんと草餅の昼食。再び歩き始め、龍王梅林から雲景山梅林へ。川辺に梅の並木が続き、風光明媚です。

20110312_tsukigase_11a  山里に続く坂道を上って行くと、山裾に梅林が広がっています。奥には、月ヶ瀬湖と吊り橋と噴水。めでずにはいられない光景です。

20110312_tsukigase_12 さらに歩いていくと、集落があり、「菊谷家住宅」の案内板が。国指定文化財ですが、残念ながら今日は閉まっている様子。磨崖仏を拝み、坂道を下って車道に戻り、八幡橋から来た道とは五月川の対岸になる道を通って、月ヶ瀬橋に戻ります。

 

 川沿いに続く梅の木立も美しい・・・はずが、八幡橋から下流と違って、こちらは車がバンバン、バイクもブンブン、排ガスも濛々・・・歩くのは、まさに苦行(-_-;;; せめて歩道があれば・・・一目万本の展望台に上がろうとしましたが、閉口したTakaが、「もうイヤッ!!戻るのじゃ!!」
 トボトボと月ヶ瀬橋を渡り、今度は代官坂を登って、帆浦梅林まで戻りました。「一目八景」近くの茶屋で、葛湯で一服。

20110312_tsukigase_13

 売店や茶屋の並ぶこの辺りは、午前中と違って、賑わっています。団体ツアーの方もおられます。う~む、やはり関西随一の梅の名所。大災害の翌日だろうが、3分咲きだろうが、午後のいい時間になれば、この人出。侮れないということが、判明しました。
 月ヶ瀬を一周するように歩いて、もうすぐ最終のバス。賑わいを後に、ハイカーで満載のバスに揺られ、梅の里を去りました。
 
 本日の歩数・・・23,755歩

20110312_tsukigase_14
 

2011年3月11日 (金)

2011年3月11日

 今日、2011年3月11日

 色々な意味で忘れることのできない日になりました・・・

2011年3月 5日 (土)

お酒とボタン鍋 ~周山の酒蔵を訪ねて~

 最近の Taka の マイブーム(もしかして、これって死語?)は お酒 それも 日本人の心のふるさと The 日本酒 です。 

 もちろん、日本酒のお勉強も欠かしてはいません。 いろいろな本を読んでいると、京都の周山にある羽田酒造という蔵が出てきました。 北山杉が美しい周山の山懐に抱かれたとても伝統のある蔵元だとのことで一度訪ねてみたいと思っていました。 インターネットで蔵元のホームページをつらつら見ていると、なんと・・・

        早春、北山杉の里 酒蔵見学とぼたん鍋を食べる会

という、なんとも魅惑的なお誘いが

 ボタン鍋をつつきながら、蔵元自慢のお酒が飲めるのでしょう。 それに憧れの酒蔵まで見学できるなんて。。。 夢のようです。 Taka の頭の中は イノシシ と お猪口 が乱舞しています。 あっ、 お猪口って イノシシの口って書くんだ。 これは何という幸せな取り合わせなのでしょう。

 Takaの心は、絶対に行くっ!! と決まっていますが。問題は Elli です。 ボタン鍋と北山杉には興味はあっても、あまりお酒を飲まない Elli を食いつかせるにはどうしたら良いのか? そこで、一計

 Taka: Elliっ~ もうすぐお誕生日だねぇー おめでと。 ところで、今年のお誕生日会はボタン鍋ってのはどう? それも春の芽吹きを感じさせる周山で北山杉を眺めながらなんて良くねぇ?

 Elli: そ、そ、それ、いいね

 Taka: (しめしめ)  それにね。 歴史のある酒蔵の見学もできるよん。

 Elli: ふーーーーん。

 Taka: (やばっ、 何か感づきはじめてる?) なんか、周山の散策もできるらしいよ。それに、シーズン的にボタン鍋も最後だし。 きっと、心に残るお誕生日会になるんじゃない。

 Elli: 周山の散策? いいね。

 Taka: じゃ、決まりっ!  (やったー)

 というわけで、今日は、周山に行きました。 ボタン鍋とお酒を飲みに。 あっ、違います。 Elli のお誕生日会(少し早いけど)

20110305_hanedasyuzo_01  集合場所の京都駅は抜けるような青空。 とても清々しい一日の始まりです。 中央改札に行くと、「羽田酒蔵」のはっぴを来た蔵元の方が待っていて下さいました。 常連さんと思われる方が、「もう、バスに並んでおきましょう」と言って、我々を周山行きのバス停に案内してくださいます。あとは、バスに乗って、いざ周山へ。

 終点の周山について酒蔵に向かいます。 蔵元のお家は流石に歴史のある酒蔵会社にふさわしい風格。

20110305_hanedasyuzo_02

 なんでも、昔は電話は地域に少ししか無かったので、電話番号は、1番(役場らしいです)から順に付けられていて、このお家、8番ということらしいのです。 電話番号が一桁なのです。

20110305_hanedasyuzo_03 玄関には当時を彷彿とさせる電話番号が表札のように掲げられていました。

 更に、以前から酒税が国の重要な財源であったことを示す看板もかかげられていました。 これです。

20110305_hanedasyuzo_04

 しかし、「公の現金で」というところが時代を感じさせます。 公でない現金って何でしょう??????

 それはさておき、いよいよ酒蔵見学です。それでは、しばし、酒蔵の風景をお楽しみ下さい。

20110305_hanedasyuzo_05             蒸米機です。今期の造りは終わっているので今はお休み中

20110305_hanedasyuzo_06               酒蔵です。杉樽桶からいい香りが立ち上ってきます

20110305_hanedasyuzo_07                           琺瑯のタンク達です

 

20110305_hanedasyuzo_08                 杉玉です。これは蔵人のお手製だそうです

 蔵の中は、醪が発酵する香りで、それだけで本当にいい気持ちになれるところでした。酒蔵見学も終了し、その後は、お楽しみのボタン鍋とお酒です。蔵に併設されているビアハウス(実は、羽田酒蔵さんでは地ビールも造っておられるのです)でいただきました。ちょうど2日前がひなまつりということで、蔵でつかれたお餅の餅まきから始まりました。他の参加者の方は、結構、常連さんが多かったのですが、同席させていただいた方は皆さんいい方達でとても楽しく食事することができました。 

 食事が終わり、買い物(もちろんお酒、そして酒粕も)をした後、蔵の近くにある慈眼寺というお寺に案内していただきました。

 20110305_hanedasyuzo_09

 このお寺は、明智光秀ゆかりのお寺ということで明智光秀の像が奉ってあります。

20110305_hanedasyuzo_10

 とてもりりしい姿をした像に感銘を受けました。

 さて、楽しかった時間もあっという間に過ぎ、帰る時間となりました。

20110305_hanedasyuzo_11

 ここに来ることになったきっかけの本に書いてあったことですが、古くなった蔵を建て替えようと思ったこともあるらしいのですが、すると、蔵に住み着いている酵母(蔵つき酵母といいます) も死んでしまうと思うと決心できなかったそうです。 こんな蔵がこれからもできるだけ残って欲しいと思いました。

20110305_hanedasyuzo_12                 帰りのバスの車窓より臨む周山の街並み

    

2011年3月 2日 (水)

霊山歴史館

 今日は水曜日。 年に一度の人間ドックを受診した。そのつもりになれば午後からは出社できるのですが、そのつもりにはならなかったようでお休みしちゃいました。その代わりと言っては何ですが、一緒に人間ドックを受診した Elli と京都に繰り出すことに、お目当ては

                         コレっ!!

20110302_ryozan_01

                 あっ、 もとい、 これでした

20110302_ryozan_02

 幕末という文字もそそりますが、なによりも心をくすぐるのが、 3D という文字です。どきどきの幕末外交を3D映像で見ることができるのです。 もう、ワクワクものです。そして向かったのが霊山歴史館。

20110302_ryozan_03

 風雲急を告げる幕末に、当時の人たちがどのように考え、どのように行動してきたかが詳しく解説されており、とても楽しめる展示でした。近江屋での龍馬の最後も立体映像で楽しむことができました。

 歴史館を出た後は、すぐ近くにある当時の志士たちのお墓を参りました。坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓には花が絶えることなく、私たちが参った日も幾人もの人がお参りに来てらっしゃいました。

20110302_ryozan_04

お墓から降りてきた頃には日も傾き、人通りもすっかり少なくなり静かな京都が戻ってきました。 京都の街は静かなようですが Elli のお腹はなんか 虫さんが 騒がしそう・・・

20110302_ryozan_05 ということで向かったのが “いもぼう” で有名な平野家本店。 当然、いただいたのが「いもぼう御膳」 いつ食べても美味しい料理です。

20110302_ryozan_06 お店も京都の雰囲気をゆっくりと味わえるのでとても落ち着くことができます。

 ゆっくりと食事をとった後、ぶらぶらと帰途につきました。 

 

 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »