« インビクタス-負けざる者たち- | トップページ | サザエひろい »

2010年7月19日 (月)

広上淳一×アリス=沙良・オットの北欧を聴く

 TakaとElliにとって、もはや欠かせないものとなっている広上淳一先生指揮の京響のコンサート、今年はシンフォニーホールの大阪特別公演のチケットを取りました

20100719_hirokami_01

演目は、
 
 シベリウス作曲 交響詩「フィンランディア」 作品26
 グリーグ作曲 ピアノ協奏曲イ短調 作品16
 シベリウス作曲 交響曲第2番ニ長調 作品43
 
 北欧尽くしで、夏にぴったりの涼しげな曲目です。北欧といえば現地に滞在経験のあるElli、現地の空気感が再現されているかどうか必ず気になってしまいます。今日の演奏は、果たして・・・?
 1曲目のフィンランディア。冒頭の金管、重低音が重量感たっぷりに鳴り渡ります。今日の席は、1階席のちょうど中央付近。いつも2階席から聴くことが多いせいか、弦と管が合わさると、全ての音があふれるように飛んできて、さながら音の洪水。どんなに鳴らしても、いつも統制が取れている広上先生。それが、今日は鳴らしすぎ勢い余って、珍しく音がばらけている気がします。にしても、今更ながら、京響って、こんなによく鳴っていたんですね。管の洪水が一旦静まりかえり、有名な賛美歌調の旋律へ。弦楽パートが、広上先生特有の繊細かつ優美な表現で、愁いをたたえつつ、情感豊かに歌い上げます。いつもの広上調で、何だかほっといたしました最後は再び管が爆発して、フィニッシュを迎えました。 
 2曲目、グリーグのピアノ協奏曲。ピアノは、アリス=沙良・オット。第1楽章、ピアノもオーケストラも、フィヨルドの荒々しい岩肌のごとく、迫力たっぷりに響き渡ります。アリス=沙良の強靱なタッチが余すところなく生かされ、、ピアノもオケも互いの音を消すことなく、相手を引き立てるように鳴り合っています。欲を言うなら、北海の波濤を思わせるように駆け上がる分散和音は、もう少し強弱と表情が欲しかったでしょうか。第2楽章から、沙良・オットの真骨頂が始まります夕映えの田園に流れる子守歌のような静かな旋律を、リリカルに歌い上げるピアノ。ロマン的かつ優しい表現が光ります。そして、第3楽章。ノルウェーの民族舞踊を思わせる、独特の跳ねるよなリズムの、見事なまでに生き生きとした躍動感!沙良さんのなかのゲルマンの血汐でしょうか。昨年聴いたマリコヴァさんのピアノで聴けなかったものを聴かせてもらえ、大満足の快演でした
 ソリスト・アンコールは、ショパンのノクターン遺作(「戦場のピアニスト」の曲)と、リストの「ラ・カンパネラ」。ノクターンは、ドイツ系(?)の律儀なテンポ感が出て、もう少しルバートに揺れと、左手にくゆらすような表情が欲しいと思いましたが、「ラ・カンパネラ」は、歌い上げる抒情とエネルギーの緊張が両立した、素晴らしい演奏。京都でのリサイタル以来、2年ぶりの沙良さんでしたが、技術・表現とも明らかに充実し、磨きがかかっていました
 休憩を挟んで、シベリウスの交響曲第2番。大編成のオケが、1曲目のフィンランディアを超えて、これでもかと鳴り渡ります。シベリウスの交響曲のなかでも2番は、楽章間の繋がりがそのままストーリーになっているような、明快な組み立てですが、第2楽章などその構成をはみ出して、第2フィンランディアとばかりに鳴りまくっておられますう~ん、広上さんは、やはりロシア向き?いつもはもっと緻密で制御が効き、音がまとまっていたように思うのですが?とまどい気味のElliと対照的に、ブラスバンド経験があるTakaは極限まで鳴るオケに大満足。いずれにせよ、その強力な音の鳴りゆえ、第4楽章の歓喜の爆発は圧倒的で、会場は熱狂のうちに幕を閉じました。
 アンコールは、グリーグの組曲「ホルベアの時代から」より、第4曲「アリア」。交響曲2番の熱気から一転、弦楽器のみで愁いを帯びた旋律を繊細な抒情で、内に秘めた想いを切々と歌うように、しっとり奏で上げます。胸を突くかのような、研ぎ澄まされた音色と緻密な表現。ぞくっとするような演奏でした。シベリウス-グリーグ-シベリウス-グリーグと、予定調和のように計算され、曲目の統一感を保ちながら余韻を演出する、心にくい選曲でした

20100719_hirokami_02  涼しげな北欧音楽の、熱波のように暑い演奏に浸った後は、これまたなぜか暑気を落とす、スパイスの効いたインド料理。たまたま道でビラをもらった、その名も大阪で一番美味しいインド料理屋「ミラ」という店に入りました。チキンカレーはスパイスがよく効き、上品なのにインパクトのある味。茄子カレーもフルーティながら、やはりスパイスがよく効いています。タンドリーチキンもスパイシーなのに重くなく、身も柔らかで、さくさくと食べられます。今まで入ったなかで、一番美味しかったカレー屋さんでした

« インビクタス-負けざる者たち- | トップページ | サザエひろい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広上淳一×アリス=沙良・オットの北欧を聴く:

« インビクタス-負けざる者たち- | トップページ | サザエひろい »