« 吉野の桜に酔う | トップページ | エッシャー展 »

2010年4月18日 (日)

名残の桜

 今日は、特に何事もせず、ぶらぶらと過ごそうとしていたら、 Elli が「お散歩しよ」などと、普段、会社でいじめられている夫を気遣うこともなく、残酷なリクエストをしてきました。そこで、

  Taka : 今日は、日々の反省をしながら、座禅でも組むのよ。邪魔するでない。

  Elli  :  座禅するのに、どうして、寝っ転がっているの?

  Taka : (やばっ!) あ、あ、新しい、境地を開拓するのじゃ。涅槃の世界じゃ

と苦し紛れの返答をすると、流石に視線が冷たく感じられたので、結局、お散歩することになってしまいました。

 行き先は、水景園という公園です。 この季節、野鳥の巣作りの季節のようで、たくさんの野鳥たちが、せっせと、巣の部材を運んでいます。

20100418_suikeien_01

 ツタの切れ端のようなものでしょうか、首に巻いて運んでいます。運ばれた部材はというと・・・

20100418_suikeien_02

 偉いものです。休日にもかかわらず、働いている鳥さんを見て、涅槃の姿とは言え、ぶらぶらと寝っ転がって過ごそうとしていた Taka も深く反省した次第です。

 でも・・・  少し目を水場にやると。。。

20100418_suikeien_03

 お・カ・メ・さ・まっ

お連れで、気持ちよさそに 日向ぼっこ されておられます。 ピクリともせず、泰然自若とされています。さすが、亀は万年という諺を地でいっておられる方たちです。この、不動の精神、やはり、 Taka 先ほどの鳥さんではなく、この方たちを師と仰ぐべきでないかと密かに心に思うのでした。 じっと、カメ様たちを見つめていると、心を読まれたのか、Elli の冷たい視線が突き刺さってきます。

 そんなこんなで、公園を散策していると、もう桜は殆ど終わっているのですが、所々に名残の桜が申し訳なさそうに咲いています。

20100418_suikeien_04

 儚なげな姿ですが、「また、明日から頑張ろうかな・・・」という気持ちにさせてくれました。

 

 

 

« 吉野の桜に酔う | トップページ | エッシャー展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名残の桜:

« 吉野の桜に酔う | トップページ | エッシャー展 »